リップロップTYPE-130RX-Vファーストインプレッション

リップロップの布製ラブドール、TYPE-130RX-Vをお迎えしましたので、
ブログの更新をサボる前に
ひとまずファーストインプレッション。

注:ここでの感想はあくまでジジ個人の主観です。さらにいろいろいじくっていくうちに180度意見を変えてしまうとか日常茶飯事なので、お迎えをご検討されている方は話半分に、とくにお迎えを検討していない方は面白半分にお聞きください。

ではでは、落書きのはじまりはじまり。

  • TYPE-130RX-Vの生地は公式ページでは「ややピンク肌」と解説されていますが、「思ったよりピンク肌」です。え、それじゃわかんねーですか? ええと、白人の人がビール飲んで酔っ払ったときくらいのピンク肌です。たぶん、はじめてお迎えしたときは「え?ピンクすぎね?!」と一瞬驚くこと請け合い。でも、実際は30分ほどすれば見慣れます。ジジ個人の意見というか、全部個人的な感想ですが、TYPE-SO1の「こんがりテカリ肌」よりも、TYPE-130RXの「ちょっとくすみ肌」よりもRX-Vの肌はいい感じかも。知り合いのドーラーさんからは「SO1の肌色でテカらないのがいいな」なんて話しも聞きますが、それが可能ならそれが一番良さそうです。なにしろSO1のお肌はRXやRX-Vに比べると厚手なので強度的にも縫い線の目隠し的にも優れています。でもテカる…。きっと最適な生地探しって大変なんでしょうねえ。

  • ヘッドはボディカラーよりほんのり白いです。よーく見ないと気がつかない程度ですが。

  • 眉毛が布製ではなく、描き込み眉毛になりました。これはこれで見た目的には悪くないのですが、眉毛の位置をズラして表情を変えたりすることができなくなりました。自前で作った眉毛を上に貼ることは問題ないです。

  • 口もRXとは違い、SO1と同タイプの立体的な唇になりました。RXのぽや~んとしたあの描き口がたまらなく好きでしたが、これはこれでちゅっちゅしすぎても色落ちしないという大きな利点がありそうです。あ、きもいですか? サーセン!

  • TYPE-130RXよりもRX-Vのほうが首が若干太いです。メンテナンスファスナーがあるので、そこから適当な布でもゴムでも仕込んでギュっと縛り上げれば細く出来るかも知れません。そのうちやってみます。

  • TYPE-130RXよりもRX-Vのほうがおっぱいが大きいです。具体的にはアンダー59cm、トップ69cmのぎりぎりAカップ。1mm増えたらBカップ。ついでに乳首が真ん中より。個人的にはAAカップで乳首は外側を向いていてほしいですが、なんか揉みしだいてみたらちょっと乳の位置が動いたので、もう少し外側に修正できるかも。

  • TYPE-130RXよりもRX-Vのほうがウエストが太いです。具体的にはRXよりも7cmほどUPして53cm。これでもまだ適正サイズのスカートがゆるいくらいですが、RXに比べれば格段に履かせやすくなりました。また、ウエストが太くなったことにより、重心が変わったのか、前傾しづらくなったのか、RXよりさらに直立姿勢が容易にできるようになりました。

  • TYPE-130RXと違い、RX-Vの足首は半固定式のようです。左右へは問題なく動くものの、上下には少ししか動きません。ちょっと強めにまっすぐにしようとしたら、メキメキっと音がしたのでヤバイヤバイ。

  • たぶん個体差ですが、左足のほうが数ミリ長く、直立させても若干傾いていました。骨盤がほんの少し斜めになっていたようで、両足を持って、こう、クイっと力を入れたらおおよそ直りました。もしかしたら、輸送中の振動でゆがんだだけかも。

  • 稼動範囲、肘・膝・首・指のグリップ性能に違いは見受けられず、RXと同等と思われます。


とりま、第一印象としてはこんなもんでしょうか。個々の細かいレビューはまた別途ちょこちょこ記事にしようと思います。



えー、TYPE-SO1の頃からリップロップファンになってしまっている私の話はほんと半分くらいに聞いといたほうが良いとは思いますが、軽くて着せ替えが楽で、立てかけるだけで直立姿勢が取れて、肘膝首指にはグリップがあって、アニメ顔の130cmサイズの等身大ラブドールが欲しいなら、とっととポチると幸せになれると思います。

もちろん、何を重視するかは人それぞれ。アニメ顔がダメならリップロップは対象外でしょう。アニメ顔じゃなくて軽くて直立可能なラブドールというとErieくらいでしょうか。お肌はシワシワですが、着衣派でErieの顔と身長と大きなおっぱいがOKなら、あちらも悪くないと思います。ポージング性能はリップロップとどっこいどっこいです。希望があればちょっと古い記事になりますが、Erieのお迎えレポを掲載しても良いです。

さらにもうちょっと重くて13kgくらいあっても良いならオリエントのnanoなんかも面白そうですが、こちらはお迎えしたことがないので、多くを語ることが出来ません。なにしろ、nanoをお迎えするためにショールームに行ったのに、気がついたらジュエル136お迎えしてたんだもの…。

…とまたまた話が脱線しましたので、まぁ、とりあえず、

リップロップTYPE-130RX-Vのミクコス




迷ってるなら、背中押すよ!
ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!
関連記事
  • 満員御礼