リップロップTYPE-130RX-Vの骨盤とくびれ

リップロップの布製ラブドール、
TYPE-130RX-Vの骨盤の大きさが気になりました。

RXに比べて、RX-Vのウエストが太ましくなって俺得でした、という話はもう以前の記事で書いたと思いますが、それにともなって骨盤まで大きめになっているのが少し残念でした。横に寝かせたり、立たせたりしている分には全然気にならないのですが、座り姿勢のときに骨盤が太いのが少し目立つんですよね。



たとえばこの写真
リップロップTYPE-130RX-Vのウエスト
※この姿勢だと骨盤が横に太いのが少し目立ちます


そこで知り合いのCK餅のドーラーさんに相談したところ、ラブドールを横向きに寝かせて上から体重をかけて押し込むと多少改善されるかも知れない、とのことで早速やってみました。

結果、多少は細くすることができたのですが、これ以上やると壊してしまいそうだったので、ひとまずこのへんでやめておきました。なにしろバンビーノやErieで足の付け根骨折、SO1で足首骨折(というか剥離)させているので、ジジの力加減はきっとだいぶよろしくないのです。

で、その際に知り合いから指摘されて気が付いたのですが、よく見てみると



リップロップTYPE-130RX-Vのウエスト


足の付け根の縫い線が左右で微妙に違う


左右の足の長さがほんのり違っていたというのはすでにレポ済みでしたが、一応、両足を持ってクイっとすると改善はされたんですね。ただ、その後しばらくするとやっぱり足の長さに違いが出てくるので、なんでだろうなぁと疑問には思っていたのですが、どうも付け根の縫い線のカーブ具合が違うために、左足が少し長くなってるようです。

背中にメンテナンスファスナーが付いていることですし、外皮を脱がして自分で付け根の縫い直しをすることも出来そうですが・・・ とりあえずジジはめっちゃ不器用なので、もうしばらくはこのままにしておこうかなと思います。



さて、それはそれとして




本日(2012/09/04)発売されて当然のように即売り切れだったTYPE-130CK-ピピ
リップロップTYPE-130RX-Vのウエスト




顔がどストライクすぎて
ポチるの我慢するの大変だったよ!


関連記事