ララドールのお座りポーズpart2

ララドールといえば座り姿勢!なのです。

以前レポしたお座りポーズは洋服を着せていてわかりづらかったような気がするので、こんどは裸にひんむいた状態でのお座り写真をご覧くださいませませ。

まずは正面から・・・

ララドールのお座りポーズ(正面)


ホールポケットがしっかりしている上、開脚しやすいように整形されているので、座るとガニマタっぽいのと、首をまっすぐにすると頭の重さで少し首が短くなるため、ちょっとおデブちゃんなのがアレでソレですが、

そんな雛ちゃんも可愛いから許す!


ちなみに横から見るとこんな感じです。

ララドールのお座りポーズ(横)


背もたれなしでバランス取れちゃうんですよ、コレけっこうすごくありませんか?
グリップタイプのシリコンドールなんかでは当たり前ですが、
ぬいぐるみタイプでこの安定感
はちょっと画期的だと思います。頭と手がソフビ製で若干重いため、頭が後ろに下がろうとする力と、ソフビ手の部分が前へ落ちようとする力で、ちょうど良くバランスが取れちゃうんです。もちろんそれだけが原因じゃなくて、重心がおしりのあたりの調節されているのが最大のポイントでしょうね。

ちなみに、椅子に深く腰掛けようとすると・・・

ララドールのお座りポーズ(横・背もたれ付き)


このようにのけぞった感じになっちゃいます。ソフビ手が太ももの上にのってしまうので、前へとひっぱる力がなくなって、後ろに倒れちゃうんですね。深く腰掛けた上で綺麗に座らせるには、背中にクッション入れたり、おなかあたりに曲げ癖を付ける等の工夫が必要です。

ララドールのお座りポーズ(後ろ手)


でも実は、クッションに頼らずとも、このように自身の手で支えることもある程度可能です。これも、ソフビ製の手の恩恵ですね。ちょっと他のぬいぐるみ系ドールには真似できない技かも。

とにかくララドールは



お座りポーズがジャスティス!



関連記事