おっぱいがいっぱい



  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡


やはりとして、おっぱいにはこだわりたいところですよね。

バンビーノの
ツン!と張ったおっぱい


も良いものですが、よれよれのTシャツや、キャミソールからポロリとのぞいちゃう

ひんぬーB地区こそ至高

ドンッ


だと思うわけです。(異論は聞きますが認めませn)

ただ、上の写真でわかるかどうかビミョーですが、乳首の造詣は圧倒的にバンビーノのほうが素晴らしいです。乳首の先端のギザギザ感がとてもリアルで乳首をクリクリいぢるとチョー気持ち良い!!のですよ。ジュエル136のほうは、残念ながらにっぷるんレベルなんですよね~。

さて、肝心の(?)おっぱいの柔らかさについてですが、

・オリエント工業のおっぱいは比較的固い
・シリコンアートのおっぱいのほうが柔らかい
・一番柔らかいおっぱいは4woods

そんな話を色々なところ(掲示板の過去ログやら、ブログやら、ドーラーの知り合いやら)で聞くにつけ、バンビーノより固いのはイヤだなぁと正直思っておりました。
※4woodsは重いので私の体力的に候補外。すみませn

でもよくよく考えてみると、上述の「シリコンアートのおっぱいのほうが柔らかい」とは、たぶんおっぱいが大きいボディのことなんですよね。シリコンアートのショールームで揉み揉みしたGカップのおっぱいはたしかにすんごいぶるんぶるんでしたが、バンビーノのおっぱいはそれに比べると固いです。

そこで、ジュエルお迎え前、(nanoを買うつもりで)オリエント工業のショールームへ行き、実際に揉み揉みしてみました。その場でバンビーノと揉み比べできるわけではないので、あんまり正確なところはわかりませんが、「言われてみれば多少バンビーノのほうが柔らかい・・・のか?」程度で、ぶっちゃけよくわからないっていうか、別にこのくらい柔らかければ十分じゃね・・・?と思ってしまったのが正直なところです。

さて、今回いよいよ私の手元にバンビーノとジュエル136(バスト小)のおっぱいがそろいましたので、さっそく揉み比べしてみたいと思います。どちらもほぼ同じくらいの力加減で揉み揉みしてみます。



バンビーノのおっぱいは、言ってみればゴムボールのような感じで、揉んだ力と同等の反発力があります。反面、ジュエル136のほうは、柔らかさは同じようなものの、低反発クッションのようにゆっくりと元の形になるのが面白いです。

・・・うーん

どちらのおっぱいも、横にふったら「素人お姉さんのおっぱいDプレミアム」のようにぶるんぶるんするわけでもないし、やっぱり個人的にはイーブンかなぁ。

ジュエルのおっぱいの低反発っぷりは、また別の記事でしっかり紹介するとして、ひとまず、言われてるほど固くはないし、

ひんぬー万歳ってことで。

関連記事