オナホールの温め方

いやぁ寒くなりましたねえ…
これだけ寒くなるとオナホールも冷えっ冷えですよね。

そんなわけで、本日はオナホールの温め方について考えてみたいと思います。



ソフト電気あんかを使ってみる
オナホールの温め方(ソフト電気あんか)


ドンキホーテとかで1000円くらいで販売されているブツです。
「オナホールの温め方」スレではワリとメジャーな一品で、消費電力21Wくらい。



キッチンパック等に包んだオナホを載せる
オナホールの温め方(ソフト電気あんか)




丸めて縛る
オナホールの温め方(ソフト電気あんか)
※リストバンドとかちょうどいいサイズ


通販大魔王のサキュバスくらいのサイズであれば、およそ1時間くらいで中まで温まります。1時間を長いと感じるか、いろんなオカズを探して興奮するのにちょうどいいぜ!と感じるかは人それぞれでしょう。また、ラブドールに使わない場合はそのまま使えるのもソフト電気あんかの利点かも知れません。



ソフト電気あんかなら温かいままプレイ可能
オナホールの温め方(ソフト電気あんか)


とか紹介してみましたが、実はソフト電気あんかの注意書きに

「折り曲げて使わないでください。」


と明記されています。危ないので真似しないでください。



お次はUSBあったか弁当箱ポーチ
オナホールの温め方(USBあったか弁当箱ポーチ)


本来はお弁当をもってオフィスへ出勤する人のために考えられたもので、パソコンのUSB端子に接続することでお弁当箱を保温しておいてくれる便利アイテムです。

■USBあったか弁当ポーチ
 http://bit.ly/QTPM1J



内部には電熱線とアルミシート
オナホールの温め方(USBあったか弁当箱ポーチ)


写真右にチラっと見えるとおり、USBケーブルは2本あり、USBポート2箇所へ接続します。親切なことに、1本にまとめたケーブルも添付されていますが、保温効果はかなり低下しますので、素直に2ポート使ったほうが良いでしょう。



キッチンパックに包んでオナホを収納
オナホールの温め方(USBあったか弁当箱ポーチ)


さきほどのサキュバスなら重ねて2本入るくらいのスペースがあります。

USBポートは基本的に 5V 500mA なのでわずか2.5Wしかありません。2本使っても5W分。ソフトあんかの21Wに比べるとあきらかに非力です。

1A出力のUSB-ACアダプタを2つ使い、10W状態で使ってみましたが、オナホールの中まで温めるには約2時間かかりました。仕組み的には電気あんかと同じようなものなので、消費電力がそのまま温め時間に反映された、という感じです。

メリットとしてはサイズがちょうど良さげなのでオナホールの収納ケースに使えることでしょうか。また、消費電力が低いため、いざというときのために常時温めておきたい人にも良いかも知れません。…が、丸一日忘れてしまったらオナホがでろでろに溶ける可能性もあるため、やっぱりこちらも危ないので、使うなら2時間程度にしておきましょう。



本命のペットボトル
オナホールの温め方(お湯)


なんだかんだ言って結局お湯で温めるのが一番てっとり早いです。ただ、同じお湯で温めるにしても、せっかくなら効率良く準備したいものです。

■必要なもの
・電気ケトル
 ※やかんでも可ですが、電気ケトルだと200mlの水が約50秒で沸騰します。

・1リットルのペットボトル
 ※500mlでもなく、1.5リットルでもなく、1リットルがジャストサイズでした。

上の写真は1リットルのペットボトルを16cmくらいの長さに切ったものです。滑り止め用に横方向に溝がついているものだと、目盛り代わりに使えるので便利。



~~~ ここから余談 ~~~
ところで、こんな加工されたペットボトルが部屋に置いてあったらあやしいですか?

大丈夫です。ジジなんかオナホールの存在すら知らなかった頃からこのペットボトルを洗面所に置いてました。
こんなもの何に使っていたかというと、ブラシの洗浄用です。

・ペットボトルに40度くらいのぬるま湯を入れる(面倒なら水でも可)
・シャンプーをワンプッシュ
・ブラシを入れ、泡立つ程度に混ぜる
・30分以上放置してからブラシを上下にガシガシガシガシ!と振る
 ※ガシガシするのもイヤなら一晩放置してもOK

これでブラシに絡まった髪の毛がきれいさっぱり取れてぴかぴか。
(但し、プラスチック製のブラシに限る)
やったことない方はぜひ一度お試しください。文字で見るより実際やってみると簡単で楽しいですよ。

ちなみに今回、オナホ用にこのペットボトルを使ってしまったので、もうひとつ用意しなければならなくなりました。さすがにオナホ入れたペットボトルでブラシ洗浄したくありません。
~~~ 余談ここまで ~~~




冷水を約100ml入れる
オナホールの温め方(お湯)


いきなりお湯を入れると耐熱でないペットボトルは変形してしまうため、まずは冷水を100mlほど入れます。上のペットボトルでいうと1つ目の溝のあたりまで入れるとちょうど良いです。



沸騰したお湯を約200ml入れる
オナホールの温め方(お湯)


冷水と沸騰したお湯が混ざって、オナホールを暖めるのに良い感じの湯加減になります。
(熱湯にオナホを浸けると変形してしまうので超注意)



オナホールの入浴
オナホールの温め方(お湯)


あとはオナホールを入れて、5~10分くらい待てば中までほかほかのオナホールの出来上がり。



実際にやるかどうかは別として、

アホなことを大真面目に考えるのって楽しいよね



関連記事