続・妖精さんプレイ

さて、先日こんな皺くちゃ&尻ぺたんこ状態だった dollho TYPE.VDD ですが、写真を添付して通販大魔王に問い合わせたところ、

dollho TYPE.VDD


シワによる交換は承ることができません。との回答でした。極端な穴の軸ズレは交換の対象になるとのこと。

なるほど。ショップとしては dollho もあくまで他のオナホールと同じ扱いのようです。当たり前といえば当たり前なのかもですが、ちょっと気分的にモニョモニョしますね。2000円そこそこの商品でこれ以上ゴネても仕方ないですし、皺くちゃ&平らなお尻のダブルコンボは許容しがたいので、諦めてポイっと捨てちゃいます。
※皺だけだったら、Erieの首やリップロップのお腹である程度慣れてるんですけど、dollhoのビニール皺は鞭で打った傷みたいに見えるのがイヤです



さて、それでは、通販大魔王からの回答がくる前に、まともだったほうの TYPE.O60 をちょっと無理やり気味にオビツ50へ装着してみましたのでご紹介。

dollhoボディをチョキチョキ切ったりしますので、ドールの改造とか苦手な方は回避推奨です。






前回はこんな感じで諦めたので、
dollho dollho


dollhoの胸を切開の上、ギリギリまで短くしてみた
dollhoとオビツ50 dollhoとオビツ50
※胸パーツ側もハサミでチョキチョキしました




ジョイントパーツもオビツ50には長すぎるため
dollhoとオビツ50 dollhoとオビツ50


どこのご家庭にもあるノコギリさん登場
dollhoとオビツ50


夜中の2時過ぎにギーコギーコとジョイントパーツを切ったのですが、近所迷惑&なかなか切れないので、早々にハサミに切り替えました。ハサミでは筒状のジョイントパーツを割ってしまう恐れがあるため、よほど自信があるか、割れてもいいや的な投げやりな人にしかオススメできません。あ、ジジはもちろん後者です。



2時間ほど格闘してようやく完成
dollhoとオビツ50
※撮影後、ドールをどけてみたらロールスクリーンがブリードでべっとり


なんとか胸を切らずに済ませようとサラシを巻いてみたり、記事のために写真撮ったりしながら作業したため、いつのまにか2時間とか経過してましたが、ふつうにチョキチョキするだけなら、30分もかからないと思います。

で、かろうじてオビツ50への装着は出来ましたが、dollho側の足の付け根が大きすぎるのと、ボテ腹気味なのがちょっと気になりますね。まぁもともとオビツ60用なのだから仕方ないです。

服着せちゃえば見た目は問題なし
dollhoとオビツ50


実践上の使用感は妖精さんプレイ属性があるかないかで変わってくると思うので、省くとして、それ以外の部分をざっとまとめると、

・胴体を持って持ち上げると足の重みで股がびろ~んと伸びる
・骨格がないので座り姿勢すら厳しい
・ジョイントが緩いので腕や足が外れやすい(ビニールを詰める等の改造で回避可)
・ブリードが激しく数分置いただけで床がべたべた
・そして何より皺くちゃボディを掴まされる可能性がある
・でもでも、骨格なしでも手足のついたモデルが出たらまた買っちゃうかも知れない

ということで、背中押しまくりのジジの記事にしてはめずらしく



ちょっとオススメしづらい商品だぞ☆ミ



関連記事