宇佐羽えあ in 海の見える展望台

ぬばたまさんちの、
空気少女★宇佐羽えあのお写真もらったよー!

前回はこんなあられもない姿のお写真をお送りくださったぬばたまさんですが、今回はなんと海の見える展望台までお出かけしての屋外撮影にチャレンジされたとのことでした。なんという豪傑っぷり。

ジジってばこんなブログで自分の変態性癖を大々的にかつ地獄のミサワばりにうざい記事で暴露しまくってる上、ドーラーさんと「可動範囲がー」「柔らかさがー」とかファミレスで語り合うくらいのダメ人間っぷりですが、


屋外ロケは真似できねぇ


--- ここから余談 ---
だいぶ昔のことになりますが、アニメにもゲームにもほとんど興味がなかった頃、「萌え」とか「ツンデレ」という言葉の意味がわからず、なにげなく同僚に聞いてみたことがあります。最近流行ってる(?)萌えってなんなんだろうね、と。

そしたら、いつもキリリとした表情でビジネスマン然とした同僚がニヤリと表情を崩すと、ジジのほうへすり寄ってきて、「萌えを知りたいとおっしゃるか。フ、フフフ、萌えとはですな・・・」と、いきなりオタク口調に変わり、仕事中にえんえんと30分ほど「萌え」について語られてしまった経験があります。
正直ドン引きである。

とはいえ、その後いろいろあってジジもすっかりエロゲーやらアニメやらにどっぷりハマってしまったので、他人のことをとやかく言う気はサラサラないのですが、「理解できない趣味を見たときのドン引き」とか、するほうもされるほうもイヤなので、ジジ的にはそーいうのはお互いに見なかったことにするのが良いんじゃないかなーとか思ったり思わなかったり。

こんなブログやっといて説得力皆無ですが、リアルのジジはなるべく道端のいしころのような存在でありたいのでした。
--- 余談ここまで ---


と、それはそれとして、

屋外ロケをするのは無理でも、見るのは大好きだったりする自分勝手なジジだったりします。普段は部屋の中にしかいないラブドールなだけに、屋外の景色とともにある姿はなんだか新鮮な気もしませんか。



宇佐羽えあ in 展望台
宇佐羽えあ屋外ロケ 宇佐羽えあ屋外ロケ
宇佐羽えあ屋外ロケ 宇佐羽えあ屋外ロケ


ぬばたまさんいわく、この撮影をしている最中に老夫婦から声をかけられたそうです。

1/3ドールとかの小さいドールの外ロケでも、子連れの父親が「気持ち悪いから近づくな!」と子供を叱りつけててショックを受けた、なんて悲しい話も聞くので、ぬばたまさんは大丈夫だったのだろうかとお話しを聞いてみたところ、


おじいさん  「今何してるんですか?」

ぬばたまさん 「お人形さんの写真を撮ってます。」

おじいさん  「人形の写真を撮ってる人なんて初めて見た」
おじいさん  「この人形は自分で作ったの?」


ぬばたまさん 「お店で買いました、手とかは自分で作ったんですけど。」

おじいさん  「へ~家でもこうやって服着せて飾っとくの?」

ぬばたまさん 「ええ、そうですね。」

おばあさん  「この人形可愛いい顔してるじゃない。」


意外にほのぼのとした会話だったようです。

ご高齢だったから、というのもあるのかも知れませんが、ドール趣味って女性のほうが理解ある気がしちゃいます。AZONEとかはじめて行ったときは女性客しかいなくて怖いくらいでしたし、やっぱり、お人形さん遊びといえば女性の趣味なのでしょうかね。



とはいえ、

秘密の小物入れは秘密にしないと
やっぱりドン引きされるよね



関連記事