野外撮影

私は納豆が嫌いです。

納豆を食べる人が嫌いなわけではありません。

でも、隣で納豆を食べられると不快感を覚えずにはいられません。

何度もそんな出来事が続くともしかしたら納豆を食べる人自体が嫌いになってしまうかも知れません。

納豆をタバコに置き換えて頂いても構いません。



つまり、
人形趣味もオタク趣味も一般人の
目に触れないところで
こっそりすればいいんだよksg!!


…というほど過激なことは考えておりませんが、(ホントダヨ?)

等身大ドールの野外撮影とか、一緒に旅行とか、未来に生きてんなぁ~…という気は若干しないでもありません。えぇもちろん、こんなブログをやっているジジがそれを否定的な言葉で言っているハズもなく、ちょっと楽しそうだよな~という目で拝見しております。
※但し、人形の撮影を見るだけで不快感をあらわにする人はたしかに存在しますので、まぁできるだけ人目につかなければいいな、とは思います。



というわけで(?)、ちょっと足を伸ばして蘆花恒春園へ出かけてみました。敷地面積約8万㎡ほどの都立公園で、東京ビックサイトの展示面積とほぼ同等の広さ、というとけっこうな広さに思えますが、数ある都立公園の中ではさほど広いわけでもありません。葛西臨海公園とかこの10倍の広さがあります。
(外国人からはよく東京は自然のない街と誤解されることも多いのですが、実は数多くの魅力的な公園があります)

公園


エロゲとアニメとドールにどっぷりハマる前はサイクリングを趣味にしていたため、けっこう色々なところへ出かけたものですが、ここまで森林を感じられる公園はなかなかなかったように思います。



これでも都内なんだぜ
公園 公園


明治大正の文豪、徳富蘆花の旧宅が東京都へ寄贈され、そのまま公園となったため、自然とともに時代の流れまで感じさせてくれる特徴的な公園となっています。



自然公園の中にある徳富蘆花の旧宅
公園
公園


歩き疲れたので野良ぬこ様と日向ぼっこ
公園


森林を抜けた先にはお花畑
公園


木々の向こうにマンションが立ち並ぶあたりが都立公園らしい
公園




って、いったい何のブログなんだよ!!



と思わずセルフツッコミをしてしまいそうなので、がんばってドールの写真も撮ってはみたのですが、等身大を持ち運ぶなんて体力的にも無理すぎるので…
(こももを運ぼうかなとは少しだけ考えた)



ポータビリティに優れた えっくすきゅーところん
ころん ころん
ころん
※横のポケットに入っている青いのはドール用のブラシです
 公園で小さなドールの髪を整えてるおっさんとかかなりの変態度




ちなみにこのあと小学生の団体様が練り歩いてきたので…



野外撮影どころか、
リュック内撮影で終わりました



関連記事