900円こーでねーと

ジジは100円ショップが大好きです。


愛娘(嫁)に安物の服や小物を買い与えるとかありえない、という意見や、逆にただのオナホ固定器具としてしか見ていないから洋服や小物なんていらん、なんて意見も聞きます。ジジの場合はラブドールはラブドールとして一定の愛着(≠愛情)を持って接している程度のつもりですが、撮影を終えた後に「おつかれ~」とか声かけて頭撫でちゃうあたり、いろいろと方向性が定まっていません。考え方なんて数分先には変わっているようなジジですので、特に方向性とか定めるつもりもないですけども。

それはともかくとして、3年半ほど前にフルシリをお迎えすることを決めてブログを立ち上げた際、先達のドーラーさんから、

『あまり一度にアレコレ揃えると熱が冷めるのも早いかも』

とのアドバイスを頂いたものの、ジジってば頭の中では

「え、むしろ熱が冷めて正常に戻れるなら良いのでは…」

とかこっそり考えていました。それに、飽きないための努力をするっていうのは、それは趣味とは言えないような気がしたんですね。なんというか、そーいった努力はもう結婚生活の心得的な何かに思えてなりませんでした。

とはいえ、せっかくのアドバイスに対してこんなヒネくれた捉え方をする自分にも幻滅しましたし、冷静に考えれば新人ドーラーに長く同じ趣味でいてもらいたい、との暖かい心遣いではないか、とも思えたのです。

そんなわけ(?)で、ラブドールに着せる洋服に関しては、月1~2着程度、もしそれ以上買ったときは翌月我慢することにしよう、と心に決めたジジなのでした。そして気がつけば、2009年11月にドーラーになって以来、もう43ヶ月も経過したんですねえ。しみじみ。



でもね、



洋服は月1~2着しか買ってきませんでしたが、



小物は別なのですよ、小物は!
100円ショップの品
すべて100円ショップで購入したものです




なんとな~く、なんですが、100円ショップで何か一品だけ買って帰るってけっこう難しくないですか。

ちょっとノート一冊買いに行っただけなのに、なんだかそれだけでは申し訳ない気がして、ついでにそんなにいらないけど、ま、一応買っておくか的な感じでいろいろ追加しちゃいませんか。でもってブログなんかやっていると、これもちょっとしたネタになるかな、とポイポイ買い物カゴに放り込んでしまわないでしょうか。

そして後で写真に撮るから、商品のタグは付けたままにしておこう、とか思って保存しているうちに上の写真のような状態になっちゃいました。写真に写っているのはそんな商品たちのほんの一部です。



というわけで、



最近買った100円のメッシュハットをご紹介
100円ショップの麦わら帽子
素材は紙とポリエステルで、作りは若干甘い部分もありますが、100円と考えれば上等


去年の夏は100円ショップでこんな可愛らしい帽子は売っていなかったので楽天で買っちゃいましたけど、今年のダイソモンは帽子が充実している気がします。ただ、うちの近所のダイソーは帽子の扱いが雑で、コサージュ付いているのに同じ帽子を重ね置きしてくれちゃっていたため、花がつぶれてたんですよねー。

まぁ、軽く霧吹きで湿らせて一枚一枚丁寧に伸ばしたら復活しましたけれども。こうした一手間が必要なあたりが百均アイテムの楽しさとも言えるかも知れません。



去年買った帽子と比べてみる
ペーパーハット
左:つば広ペーパーハット      右:ダイソーのメッシュハット


去年買ったのは「つば広ペーパーハット」という名称だけあって、つばが広く、ダイソーのものよりも一回り大きいです。たしか楽天で720円くらいでセールしてましたが、今は同じ商品はないですね。似たようなものが欲しい場合はキッズカテゴリで、「ペーパーハット」とか検索すると見つかったりするかもしないかも。



ところで、帽子に限りませんが、とーたるこーでねーとって難しいですよね。

うちの実家が婦人服店だった話はどこかの記事で書いたと思いますが、一応うちの母親は「ふぁっしょんでざいなー」とかいう肩書きを持っていたため、婦人服のデザイン画とか見ながら育ちました。(が別段センスは磨かれませんでした)

私が着る服に関してもちょっと小うるさく、『体型を誤魔化すためにダボっとした服を着るな。余計太って見える』とか、『お前は短足だから白いズボンを履くな。余計短足に見える。』とか、『お前は表情が暗い。上着は明るい色を選べ。』とか、『センスもないのに沢山の色を使うな。せいぜい二色ないし三色で揃えろ。』なんて、それはもうある意味ファッションの英才教育受けて育ったようなものなのにも関わらず、



かーちゃん、俺、立派なロリコンに育ったよ






左の写真では素直に可愛らしく見える肌着+ドロワーズですが、右のようなこーでねーとだと、なんだか農家の娘さんぽく見えちゃいませんか。麦わらの牧歌的なイメージおそるべし。



もう少し、あざとい可愛らしさを出すために、






百均で揃えてみた(ワンピース以外)
宇佐羽えあ
帽子、ヘアゴム、チョーカー、ストラップ、ポシェット、靴下、すべて100円。
ワンピースは処分セールで300円。しめて900円コーデ。




やっぱ麦わらにはワンピースよね



関連記事