日本の夏、ラブドールの夏2013

ナマコのメルマガにあったサマーセールを見て、

そういや浴衣ドレス買ってあった気がする…


と思い出したジジです、こんにちは。

応援がてらナマコで浴衣ドレス買おうとは思ったんです。思ったんですけど…

写真が暗い&小さくて細部がわかりづらかったのと、「女児に薔薇って普通に似合わなくね?」と、他の柄を探しにふらふら楽天へと移動してしまいました。楽天で探しても薔薇の入った浴衣ドレスがけっこう多いため、きっと一般的で人気な柄なんでしょうね。私の感性がアレなだけでした。

去年の今頃も『日本の夏、ラブドールの夏』と題して普通の浴衣を記事にしたので、今年は浴衣ドレスのほうでいこうと決めていました。

「浴衣ドレス」で検索しても、単に着せやすいように上下セパレートになっているだけで見た目は普通の浴衣と変わらないものと、ミニスカート+パニエでどちらかというとドレス寄りなものがヒットします。あと面白いのだと上着を脱ぐとワンピースになる浴衣ドレスなんてのもありました。そんなちょっと変わったものが欲しかったのですが、130cmサイズが在庫切れだったため今回は断念。

結局、写真のとおり、お菓子の絵柄の入った浴衣ドレスを購入しました。

柄もまぁ面白いですし、帯が2本付いてきて2,345円とはお安いのではないか、という感じ。



6月の初旬には届き(色移り防止のため)洗濯も完了していたのですが、すっかり着せるのを忘れていたので、



ARTE132に浴衣ドレスのスカートを履かせてみる
ARTE132と浴衣ドレス


ドレスにはパニエがないとふわふわ感が出なくてしょんぼりな感じです。

その昔、はじめてのフルシリをお迎えした際、ウェディングドレス代わりってわけでもないですが、フォーマルドレスを購入したため、パニエなら持っていたりします。でもね…






ロングドレス用のパニエだった
ARTE132と浴衣ドレス


いっそ切ってしまおうかと15分くらい悩んだのですが、






持ち上げればいいんじゃね?という結論に
ARTE132と浴衣ドレス
※でもやっぱ無理やり感があるので、そのうち小さいパニエも欲しいです。


上着を着せてみる
ARTE132と浴衣ドレス

ARTE132と浴衣ドレス


以前にも書いた気がヒシヒシとしますが、和服は男女ともに右前で着ます。右前の前は「手前」の前。右側を下に左側を上に重ねて着るってことですね。あぁ、でも浴衣ドレスって和服なのかしら洋服なのかしら…。



洋服っぽい浴衣というよりは、浴衣っぽいドレスな気がしますし、スカートのふわふわ感を出すためにも、



上着をスカートの中へ
ARTE132と浴衣ドレス


去年の浴衣はパリッとしたスーツみたいにしっかりとした生地で綺麗なシルエットが容易に作れたのですが、今回の浴衣ドレスはちょっち気を使わないとヨレヨレになってしまいそうなくらい薄い感じで頼りなさげ。実際お安いので仕方ないですね。

上着を着せたら、最後に帯です。



まずは帯を1本だけ蝶結びしてみる
ARTE132と浴衣ドレス


上の写真のとおり、靴紐を結ぶときのように蝶結びをすると、2本の尻尾に段差が出来てしまってちょっとイケてません。最後の輪っかを作るときに2回巻いて間を通すようにすると見栄えがよくなります。

帯ではなくリボンですが、↓このへんのページが参考になるかも。
http://blog.iroha-foryou.com/?eid=1237962



色違いの2本の帯を重ねて結んでみる
ARTE132と浴衣ドレス


グラデーションが付くとグっと華やかになりますね。



前はこんな感じ
ARTE132と浴衣ドレス


一色だと綺麗に整えないと雑な感じがしますが、二色使うとテキトーでもこーいう柄なんだ、と言い訳できそうな感じ。



結び目を前に持ってくるのもアリかも
ARTE132と浴衣ドレス




最後にニーソ履かせて、ヘアゴム付けて、小物持たせたら









完 成
ARTE132と浴衣ドレス
※うちわのほうが良かったかなぁ




というわけで(?)、みなさんの(ドールの)

浴衣写真を楽しみにお待ちしております




関連記事