2013年、七夕

さてさて本日、7月7日は七夕ですが、みなさまはもう

短冊に願い事は書きましたでしょうか


ジジは去年の七夕に、こんな座敷わらし風にお願いごとをさせて頂きました。



軽量なグリップドールが発売されますように
リップロップTYPE-130RX


当時は布製ラブドールにぞっこんだったということもあり(いや、今でもお気に入りの最上位ではあるのですが)、リップロップシリーズにフルシリ並のグリップが付くと良いナァという気持ちを込め、椅子の背もたれに頼らなければ腕も挙げられないという表現も忍ばせつつ、上のような写真を撮りました。



ところが、軽量なグリップドールは布製ラブドールのほうではなく、フルシリのほうで実現されちゃいました。ヘッド込みで16kgにも満たないフルシリというのは思いのほか扱いやすく、あんなポーズやこんなポーズをさせたい!と思いついたとき、ARTE132を出そうという気になりやすいです。もちろん手軽さという意味では布製のほうが格段に上ですし、ARTE132の柔らかボディはブリードが多い上、ふくらはぎ部分が椅子に接触した状態で丸2日ほど座らせておいたら、取れない跡が付いてしまったり(ある意味当たり前)、なんだかんだ布製よりも気を使う部分は多いですけども。

今はもう、宇佐羽えあという安価で手軽なエアマネキンがありますし、綿詰めが面倒ならふぇありーどーるももや木偶の坊があります。ディスプレイや、撮影のために直立姿勢程度の骨格が欲しいなら、Erieやリップロップも良いでしょう。リップロップの骨格を改良して可動範囲を増やしたり、ふぇありーどーるに骨格を仕込んだりする猛者も現れてブログ等で情報提供もしてくださっています。綿詰めが面倒だから、あるいは添い寝重視だからと布製を選ぶ層と、カスタマイズを好む層が混在するなかなかカオスな状態も魅力のひとつかも知れません。

裸体重視、リアルさ重視なら以前と変わらずフルシリしか選択肢はないものの、軽量安価なARTE132という選択肢も増えました。

あとはDDやオビツのようなドールらしい顔の等身大… って、これもオビツ150が発売しましたね。…となると、後の望みは布製ラブドールのグリップボディとか、ARTE132のヘッドラインナップの充実とか、尻をもっと柔らかくして欲しいとか、わざわざ願い事に書かなくてもいずれ時間が解決してくれそうなものばかりでした。

ジジの残る願いは、このブログの(裏)主旨でもある「ラブドールの情報提供してると見せかけて、新人さんを誘い込んでドール沼へ叩き落として自分も飛び込む」くらいしか思いつきません …ので、



本音をオブラートに包んでみた
ARTE132




等身大ドーラーのともだちが増えますように
(>人<*)





         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <
.        V            V
.        i{ ●      ● }i   おっと、いけないいけない
       八    、_,_,     八 _
     // 个 . _  _ . 个 ',  /\
    / ./   il   ,'    '.  li  /  /
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |  沼に落ちて ください | /
    |__________|/
   ノノ______ノノ
   /友達になって/ズルッ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
関連記事