みつさんからの暑中見舞い

風とみつのみつさんから
暑中見舞いのお写真もらったよー!

ぬいぐるみにもツライ季節ですねとの一言が添えられておりましたが、まったくそのとおりですね~。いかに添い寝向きのぬいドールといえど、真夏の間はさすがにちょっと暑苦しいですし、添い寝しない人にとっても湿度が気になる季節。

特にうちのようにほぼ毎日クローゼットに隠しているような状況の場合、カビが気になって気になって仕方がありません。最低でも湿度60%未満、出来ることなら50%程度になるように調整したいところです。除湿機(やエアコン)がない場合でも、

・クローゼット内に扇風機の風をあてて湿気を飛ばす
・定期的に扉を開いて換気する (但し、夜に開くとむしろ湿度を取り込む場合も)
・除湿剤を置く
・重曹を置く (粉末洗剤の空き箱等に重曹を入れて布をかぶせれば簡易除湿剤になる)
・洗面器の上にキンキンに冷やしたペットボトルを置いて結露させる
・部屋の壁を珪藻土にする (知り合いのドーラーさんが実際にやって効果大だったそうです)

などなど湿気対策は色々ありますが、去年の記事でも書いたとおり、予算が許すなら除湿機が一番てっとり早いでしょう。なにしろ除湿能力が段違いです。市販の除湿剤って600mlとか、多くて900mlで、それが満杯になるまで何日もかかりますが、うちが脱衣所に設置している除湿機とか1日で最低6リットルは除湿します。多い時だと最大10リットル。文字通り除湿のレベルが違う。

ただ、居室で使うとなると除湿機の騒音はひどく気になるため、出来るだけエアコンのドライ+扇風機で湿度を下げるようにしています。それでも湿度60%以上になってしまうときだけ除湿機を付ける感じ。コンプレッサータイプではなく、デシカント式の除湿機であれば静音らしいので、次購入するとしたらそっちかなーと思っています。

ちょっと大げさに聞こえるかも知れませんが、ぬいぐるみに一度カビが発生すると完全除去はほとんど不可能です。昔、木偶の坊のキューティードールの手に黒カビが発生したのですが、どれだけ洗っても落ちない。いえ、いったんは落ちたように見えるのですが、しばらく経つとまた発生しているんです。見えないカビの胞子までは除去しきれていないんですね。最終的にはボディの至るところに転移してしまって手が付けられなくなったため、新型ボディに買い換えてしまいました。

うちと同じようにクローゼットやベッド下など、湿気の溜まりやすい場所にラブドールを収納している場合は充分にご注意ください。ちなみに、フルシリの場合もお風呂に入れた際にジョイント部分から水が体内に侵入して内部でカビ発生、なんてこともあるそうですので油断大敵。



と、暑中見舞いにかこつけてまたもや除湿機推しをしてしまいましたが、浴衣着せて外に出しているなら何も問題ないと思います。はい。



みつさんから頂いた暑中見舞い
みつさんちのララドール
(掲載許諾済)




暑中見舞いありがとうございました!



関連記事