リアルナマコショップ リニューアルOPEN part2

前回の記事では(も)あいかわらず自意識過剰っぽい痛々しい文章が炸裂している自覚があり、投稿後は存在を忘れるように部屋を暗くしてから隅っこで体育座りをしながらガクガク震えていたジジです、こんにちは(・∀・)ノ

しかし、せっかく忘れかけていたにも関わらず、リビドーの中の人がリツイートしてくれやがりましたので、恐る恐る記事の反応をチェックしてみたところ、

『続きはよ、はよ』

に類するコメントが4通ほど届いておりました。

お叱りのコメントはなかったものの、
その期待値が怖くて筆が進まないチキンな私




まぁそれでもせっかく写真撮ったので続きは書くんですけどね。けどね。



さて、前回は笑顔の素敵な店員さん(♂)に顔を覚えられてしまったというあたりまででしたが、ジジはリア充ではないので、そんな満面の笑みとか向けられても直視なんて出来ません。もって3秒が限界。そんなわけで、笑顔が素敵な店員さんのお相手は同じくとても優しい笑みを浮かべる温和なC氏に丸投げして、私はとっとと店の一番奥まで進みます。隅っこって落ち着くよね。



ナマコショップの最奥部はLOVEBODYコーナー
リアルナマコショップ店内
※写真には写っていませんが、左手には(i) ドール Alice等、ほかの空気嫁も多数アリ

リアルナマコショップはLOVEBODYシリーズにも力を入れていきたいとのことで、パッと見える範囲でも綿詰めRisa、綿詰め&えあますく装着Miyu、そしてショーケースの中には最新のHinaもいますね。

ただ、こうして見ると棚にはけっこう余裕が… というかぶっちゃけガラガラですが、1日で急遽模様替えしたようなので仕方のないところでしょう。実際聞いてみると、今後商品はまだまだ充実させるつもりとのこと。個人的にはナマコでしか買えないえあ専用のコスチュームが魅力的なんですが、採算取れてるんですかね。今後も充実してくれると嬉しいです。

ちなみに写真左上には私のオナホデビューでお世話になったaki専用ホール Versusも置いてありました。

~~~ ここから、まじでどうでもいい余談 ~~~
初オナホの感動というか衝撃って初オナニー、初セックス、初口内射精と同レベルと言っても過言ではない気がします。ゴム付けずに生でつっこんで良いものなのだろうか…、ローションの量はこのくらいで足りるのだろうか…、いやそもそもこんな狭いところに入るのか… いろいろな不安と共にえいや!とつっこんでみると、にゅるんと優しく包まれる幸福感(*´ ▽`)ぁふん♪ なんぞこれ!なんぞこれ!まるでま○こやん!まるでま○こやん!とバカみたいに腰を振りながら、最後には、

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

こ、このまま出していいのんか?
いいのんかァァぁぁぁああ?!

と、ものすごく生物(♂)として間違ったことをしているような背徳感と共に強烈な射精感が到来し、あぁもうオナホールなしでは生きていけないかもとすら思ってしまう始末。初オナホールさんの感動はまじパネェ。

 … … … あれ、なんでこんなこと熱く語ってるんだろう。

~~~ まじでどうでもいい余談、ここまで ~~~




…話を元に戻しまして。

いずれはこのあたりに宇佐羽えあのお姉さん「天羽(あもう)えいる」を飾りたいとのことですが、発売が遅れているので仕方ないとナマコのY氏も隣で苦笑い。

え、Y氏いつのまに隣にいたの…。


元気いっぱいでウザ楽しい太陽みたいな店長とは対照的に、気がつくとそっと側で微笑んでいる月のようなY氏もなかなか侮れません。



それにしても私の中でのアダルトグッズ店って、エムズやラブメルシーのごちゃごちゃしたイメージが強いせいか、ナマコの店内はだいぶゆったりとした印象を受けます。なんかピンクで怪しげな雰囲気とは無縁な感じ。どっちが良い悪いではなくコンセプトの違いですかね。

ドン・キホーテなんかだと、むしろわざと通路を狭く、商品を分類バラバラに詰め込むことで、『お客様に宝探しを楽しんでもらう』といった方向性を出していると聞きます。それはそれで、買い物をエンターテイメントのひとつと捉える私的には嫌いじゃありません。

ですが、ある程度目的が定まっているときにあの混雑具合や商品分類のテキトーさはイラッ☆とすることもありますので、”空気嫁専門店”であればこのゆったりした方向性は悪くないんじゃないでしょうか。特に、



ウィッグやコスの着用例を直に見られるのは大きなメリット
リアルナマコショップ店内

リアルナマコショップ店内


でも、なんか一部、インナーマスクを装着し忘れたのか、あえて狙った?のかどうかは定かではありませんが、



ハンプティーでダンプティーなえあ(写真右)
リアルナマコショップ店内


みたいなディスプレイを見ると、どこかしら一本抜けているのが”らしいな”と思わず微笑んでしまいます。でもまぁ、お人形さんは顔が命でしょうから、
インナーマスクは付けてください(真顔)



えー、そんなこんなで、とりあえず店内を一巡して感じたのは、

・店内広くて混んでもいないのでストレスフリー
・宇佐羽えあ関連商品の品揃えは文句なし
・LOVEBODY関連もツボは押さえてある感じ
・オナホールの品揃えもそこらのショップには負けないでしょう
・アダルトDVDはよくわからんのでスルー
・エロ同人誌も詳しくないのでスルー

といったところでしょうか。

えあ関連について言えば、ややドールショップを意識している部分もあるのでしょうか。階段前のショーケースもそうですし、衣装と小物でストーリーを感じられるような配慮は好感が持てます。

特に新規ユーザーの場合はこんなふうに着飾れるのかと参考になるでしょうし、初心者セットがあるので比較的手を出しやすいのではないかと。あとはそのセットを持ち帰るとどのくらいの大きさになるのか、福袋みたいに紙袋自体を飾っておくか、せめて原寸大の写真でもあると親切かもしれませんね。

えぇ、これは
木偶の坊のキューティードールを買って電車で持ち帰った男

の苦い経験からくるお願いと取って頂いても差し支えありません。



最後に、快く写真撮影させて頂いたお礼に何かひとつくらい買い物をしていこうと思い、ふとレジの前を見ると、



本当にパンツが冷やしてあった
リアルナマコショップ店内


たしかにメルマガには書いてありました。

パンツをキンキンに冷やして
お待ちしております。

と。

いや、でもこのメルマガの文章を読んで、本当に冷やしていると思った人はいったいどのくらいいるのでしょうか。少なくとも私はナマコなりのジョークだと思い込んでおりました。実際この冷蔵庫を目の当たりにして思わず、

ジジ 「マジか。マジで冷やしてるのか…。」

とつぶやいたところ、レジの店員さんにも聞こえたのか、

店員 「実はさっき若い女の子が来店されましてね」

店員 「『あーこれ欲しかったんですー!』といって買っていかれたんですよ」

店員 「すごい喜びようでして、さすが秋葉原と言いますか…」

ジジ 「冷やし縞パンひとつください



という流れで買った縞パン
冷やしパンツ
※女児パンツではなく、レディースサイズだった


『若い女の子が~』のくだりで気がつくべきでした。
女児パンツのわけがないと。



宇佐羽えあが履くとこのくらいぶかぶか
冷やしパンツ


縞パン=女児パンツといつから思い込むようになってしまっていたのでしょうか。まったくこれだからロリコンは…と反省しつつもツイッターでつぶやいたところ、

某N球さん『自分ではく用なのでは!?もしくはかぶる』との返信が。

その発想はなかった


しかしこれは完全にネタふり。N球さんの言葉を意訳すると『パンツかぶった写真うp!うp!はよ!』に違いない。

ここは私のノリの良さと度胸が試されている場面だ… 履いてみるべきか、それともかぶるべきだろうか・・・?とやや迷っている間に、Cえさんが颯爽と登場して写真をうpしていってくれました。

すごいよ!さすがCえさん!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!!!!

ということで、私はかぶらずに済んだので、



えあにかぶせておきますね^^
冷やしパンツ




冷やしパンツはレディースサイズなので、
えあ☆ますたーはくれぐれもご注意ください





リアルナマコショップ店内の話はここまでですが、
秋葉探訪の話はもうちっとだけ続くんぢゃ
関連記事