Libidollの組み立てと可動範囲

FF14をどこのサーバーでやろうか毎日のように悩んでいるジジです、こんばんは。

今回は人形の組み立てや可動範囲が主ですので、
各パーツをバラバラにした映像
とか出てきます。苦手な方はご注意ください。



バギー船長が平気なら問題ないけどねっ




最近、場所用意してライティングして写真撮って現像して記事書いて~よりも、動画録っちゃったほうが一度にいろんな角度から見てもらえるし楽じゃん、と思いかけていたのですが、字幕の限られた文字数で伝えたいことを伝えるのは私の文章力では難しい!と思い直しました。記事も動画もどっちも大切ですね。

そういったわけで、記事書く前に先にTwitterでLibidollの動画を流していたのですが、『胴体がちょっと長い気がする』といった感想を送ってくれた方がいましたので、もっとわかりやすいように真っ裸の全体像を撮ってみました。



Libidoll【試作品】 正面
Libidoll

賛否両論ありそうですが、華奢な肩とややイカ腹っぽいアニメチックな体型は個人的には大変好みです。



Libidoll【試作品】 横面
Libidoll

・足の付根のカバー的なモノは仕様変更でなくなる可能性アリ。
・膝がやや曲がっている部分も仕様変更の可能性アリ。
・但し、どちらもコストとの戦いを繰り広げている真っ最らしいので予定は未定。



Libidoll【試作品】 背面
Libidoll


こうして見るとプリチーな尻なんですが、この形状のために足が後ろに下がりません。具体的には欽ちゃんジャンプが出来ません。って、欽ちゃんジャンプは冗談としても足を前後に開く股割り姿勢はさせたいと思う人もいるかも知れません。それが現状ではできませんが、これも腰まわりの仕様変更で解決するかもしないかも、という段階だそうです。うーん、製品バージョンがどうなるのか気になる。



また、仕様上は身長55cmとなっていますが、現段階でメジャーで測ったところ、

身長:約54cm
股下:約25ccm
股下比率:約46.3%
※股下比率=股下25cm÷身長54cm×100

こんな感じでした。

■股下比率の参考値
 ~44%まで=短い
 44~46%=普通の長さ(少し短い~普通くらい)
 46~48%=長い。理想的な長さ。
 48~50%=モデル並み、もしくは以上の長さ。
 50~51.35%=モデル以上。長すぎる
 51.35%~世界一足の長い人(ギネスに載っている人)以上の長さ


人間の股下比率でいうと理想的な長さのようですが、例えばオビツ50は股下比率が驚きの 53.8% だったりします。
※オビツ50の股下比率=股下28cm÷身長52cm×100

ですので、オビツ50のような足長のドールに慣れている場合は胴長と感じる場合もあるかも知れません。

足とか首とか腕とかの長さはけっこう人によって好みに差があるようで、オビツは長すぎるという人もいれば、その人間ではありえないバランスこそが人形だという人もいます。こだわりだすとなかなか深い世界っぽいですよね。

ちなみに私の場合、ある程度好みに近ければ、後は機能性というか、そのドールにしかない特徴があるとすごく惹かれます。例えば、空気嫁なのにフルセット揃えるとお人形さん化する宇佐羽えあとか、ぬいぐるみなのにオリエントの精巧なヘッドを持ったララドールとか、ぬいぐるみなのに骨格が入っていて特徴的なアニメ顔のリップロップとか、フルシリなのに軽量で柔らかいちっぱいを持ったARTE132とか… って、あれ、

そもそも特徴のないドールなんてない気がしてきた…。

まぁ、それはそれとして、Libidollの場合はマグネット関節新型dollho装着可能というこのドールにしかない特徴を備え、かつ低価格&オプション充実をめざしているようなので、頑張ってもらいたいところです。



では、最後に、お時間がございましたら、Libidollの組み立てと可動範囲の動画を録ってみましたので見ていってやってくださいまし。


Libidoll【試作品】の組み立て


Libidoll【試作品】の可動範囲





Libidoll【試作品】 トロ顔
Libidoll



発売(予定)まであと2ヶ月、

そろそろLibidoll貯金したほうが良いかもね?
(;´∀`)





関連記事