出来たてホヤホヤのドーラーブログですよー!【いざなう乙女】

月うさぎさんから宇佐羽えあのお迎え報告を頂いたのが、つい先月のことだったハズなのですが、その後わずか1ヶ月ちょっとの間に宇佐羽えあ→ARTE132→らぶぬい(2体)→そして来週末にはリップロップTYPE-SO1/130をお迎えとのことで、いったい

何体のラブドールに囲まれるつもりですか!


と、思わず自分のことは棚に上げてツッコミたくなってしまったジジです、
こんばんは。

さてさて、そんな月うさぎさんからつい先日、

ジジさんのブログのおかげで、「アニメ顔は無理」とか「高いほうが安いものよりいいに決まってる」とか「フルシリが絶対」とか、変な固定観念が見事に破壊され、楽しい世界にどっぷりはまっております。

との嬉しいメッセージと共に、ブログ開設のご連絡を頂きましたのでご紹介。





いまは開設したてということもあり、らぶぬいさんとこのクッションドールの紹介が中心のようですが、カテゴリを見るとARTE132とリップロップもありますので、今後いろんな記事が拝見できるのではないかと期待してしまいます。



当ブログでは同じことを何度も書きすぎて以前から読んでくださっている方には耳タコかとは存じますが、空気嫁もクッションドールもフルシリもそれぞれに良いところ残念なところがあり、人によってコダワリのポイントがあまりにも違いすぎるため、どのラブドールがパーフェクト!だなんてとても言えません。

例えば、リップロップは人によっては、

・骨格があるワリに大してポージングができない
・座らせたときおなかまわりのシワが気になる
・おっぱいがゴムボールのように固い

となるでしょうし、ジジが評価するとしたら、まっさきに

・ぬいぐるみなのに骨格入りで(工夫は必要なものの)直立ができるとかすごい
・縫い目が目立たないように工夫されていて、ぬいなのに肌が綺麗
・なんといっても尻の揉み心地が至高

という点を挙げて、まるで真逆の評価に聞こえてしまうかも知れません。それぞれ逆のことを言っているようでいて、実のところ見ているポイントが違うだけでどこも矛盾してないんですよね。私的には前者も後者もリップロップの評価として妥当なものだと思います。

こう言ってしまっては当ブログの存在意義にも関わるのですが、ぶっちゃけ
百聞は一見に如かずです。

60万70万するフルシリを実物も見ずにポチっとするのはなかなかに勇気がいることかも知れませんが、クッションドールであれば、フルシリの消費税分くらいです。空気嫁なら更にその消費税分くらい。

ご予算が許すのであれば、自分に合う合わないはとりあえずポチってから考えても良いんじゃないかな~くらいには思います。隠し場所についても空気嫁なら空気抜けばどーとでもなりますし、クッションドールもちょっと大きめのバッグに入るくらいです。
(知らない人が開けたらギョっとするでしょうけど…)




特にこれから冬本番で一人寝がますます寂しくなる季節。もしまだお迎えしていないのであれば、これだけは覚えておいてください。

あったかぁ~いクッションドールとの
添い寝は至福のひとときです(*´Д`)


関連記事