小麦色の宇佐羽えあちゃん

習慣といいましょうか、テンポといいましょうか、炊事洗濯なんかでもそうなんですが、最初はやや面倒だなと感じていても人間の順応力って思いのほか優秀でして、外食一辺倒だった私でも気がついたらもう何年も三食自炊して、朝食のコーヒーは豆から手挽き&ハンドドリップなのはもちろんのこと、食パンなんぞホームベーカリーで焼いていて、そろそろ手ゴネとオーブンでのパン作りまで視野に入れはじめ、挙句の果てに室内での野菜栽培まで手を出しはじめてしまい、いったいどこまで朝食にこだわるのだろうと自分でもワケがわからなくなっているジジです、こんにちは。

その一方で、RPGのプレイ時間が50時間超えているにも関わらず、ラスボス手前でもうすぐ終わりが見えてくると、物語を終わらせるのがもったい!と感じてしまい、ついつい放置しているうちに新作が発売されては購入し、どんどん未クリアの積みゲーが増えるばかりだったりして、いやはや何ともテンポとかタイミングとか継続は力なりみたいな格言は大事だったなぁとかなんとか思ったり思わなかったりする今日このごろではあるのですが、結局ウダウダと長ったらしいこの前置きは、



\ ブログの更新サボっている言い訳です /



いやぁー、4月1日のエイプリルフールにネタ記事(※)をUPしたので大丈夫かと思っていたのですが、トップに表示するために投稿時間を古く設定していたためか、見事にFC2広告

「 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
  新しい記事を書く事で広告が消せます。 」

が出てしまいましたね。これだけは回避したかったのですが、残念無念。

※ネタ記事
 この画像をUPしていただけです。IE使ってる人にしかわからないネタかも…。


えー、ちなみにブログ読者さまから頂いているメールですぐ返信できそうなものは即時返信しているのですが、「お、ちょっと考えてから返信しよう」というものはGmailでスターマークを付けておりまして、なんだか今数えてみたらこれまた12通ほど溜めこんでおりました。無駄に忙しかった消費税対応も終わり、先週くらいから時間的余裕もできてきたのですが、先のRPGのごとく、一度ブログ更新から離れてしまうと、「え、えーと、どんな書き始めをすればいいんだっけ・・・?う、うむ、更新は明日にしよう!そうしよう!」とか先延ばししまくってしまうのがなんともイケマセンね。

というわけで(?)、久しぶりの投稿ですが、あいかわらず読者さまからの写真のご紹介です。

ハンドルネームくぅーさんから3月16日に頂いたお写真です。いまごろの掲載になってしまい、申し訳ないもうしわけないモウシワケナ・・・かゆ・・・うま・・・。



くぅーさんちの宇佐羽えあちゃん(小麦肌!)
くぅーさんちの宇佐羽えあちゃん
(写真掲載許諾済)


えあちゃん小麦肌Ver.
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


宇佐羽えあのお写真はたくさん頂いているのですが、なにげに小麦肌バージョンは初めてではないでしょうか。ウン、間違いなく初投稿ですね。

私自身は特に肌の色に強いコダワリはないといいますか、色白で華奢だと守ってあげたい感が強いよね、とか、水着の日焼け跡はエロいよね、とかごくごく一般的(?!)な感想しか持ちあわせておりません。がしかし、ポイントはそこではなく、空気嫁なのに肌色タイツがある、しかも肌色のバリエーションまである、というのが宇佐羽えあのスゴイところだと思うのです。もっと色々なメーカーが追随して、カスタマイズ性の高い等身大人形を世に送り出して頂きたいナァ、といちユーザーとしては思うのですが、こんなニッチなジャンルで食い合いなんかしたら共倒れですかね。

ドーラーさんと交流していて驚かされるのが

「ここをこうすればもっと良いのになぜメーカーはそうしないのか」

といった主旨のお話をされることがあることです。それは頭の大きさだったり、顔の造形の話だったり、ウエストサイズだったり、足の長さだったり、太ももの太さだったり、可動範囲の話だったり、それはもう多岐に渡ります。もちろん趣味趣向は人それぞれあるのは当然ですし、そういったお話を語り合うのは大変楽しいことなのですが、自分がこう思っているから他人もこう思っているはず、あるいは一般的には○○のほうが受けるんじゃないのか、的なお話も時折あるのです。ドーラーという時点で一般からは逸脱されているとは思うのですが、面白いので(ぉぃ)私も上で一般的という言葉を使ってみました。
(・ω<)テヘペロ

かと思えば、『お迎えした子はめぐりあわせだから造形やメイク云々だとか、パーティングラインの処理だとか、多少の傷ですら個性として受け止めている』と達観されている方もいらっしゃいます。価格面での感想も同じラブドールに対して別々のオーナーさんから真逆の意見が聞けたりしてなかなかに興味深いです。



・・・あ、なんかカスタマイズの話からすごい勢いで話が脱線しましたので無理やり戻します。



くぅーさんからのメッセージ一部抜粋:
ジジさんのブログで紹介されているリップロップのドールを見ているうちに徐々に欲しくなりついに注文してしまいました(´Д` )うちには綿詰めしたえあちゃんも居るのでこれで二体目になるとは思うと、気持ち的にふっきれますね(笑)あー早く届かないかなぁ!


2体目以降ってお迎えのハードル
すっごい下がりますよね


過去にも書きましたが、なにもない状況、特にフィギュアや小さなドールもお迎えしたことのない状況だと、等身大の人形がある生活ってまったく想像できないどころか、いろんな意味で怖かったりする人もいると思うんです。私なんて「夜中に等身大人形と目が合ったらチビっちゃうかも・・・」というへたれな理由で、木偶の坊のキューティドールでは眠り顔を選んだくらいです。

ところが実際にお迎えしてみると、今度は目が開いている人形も欲しい、直立姿勢も見てみたい、ちょっとえっちなポーズで飾ってみたい、などなど、次から次へとやりたいことが増えてきて、気がついたらクローゼットに入りきらないほどお迎えすることになってしまいました。

以前実施したブログ読者のアンケート結果でも6割以上の方が複数のラブドールを所有されていました。まぁ逆にいうと4割近い人がラブドール1体で満足されているというのに驚きの気持ちもあるのですが、『ちょっとボディだけ追加で』『添い寝用にもう1体』『この子に姉妹が欲しいかもしれない』『等身大2体置くスペースはないけれど1/3なら・・・』などなど、さまざまな理由で気が付くと増えているケースが多いので、



あなたのドールが増えるのも時間の問題かも知れない
ド―――m9(゚д゚)―――ン



関連記事