NEW! ドーラーブログ『くうの欲求代償の部屋』

先日、『祝・お迎え【Reの字さんちの宇佐羽えあちゃん】』でご紹介させて頂いたReの字さんですが、いつのまにやらブログを開設されていたようで、あわててリンクのお願いをさせて頂いた次第でございますです。

くうの欲求代償の部屋
http://gedkitchin.blog.fc2.com/


『フィギュアすら否定気味だった人間が、気が付けば女の子の等身大人形と生活を共に…』という冒頭からして、ウンウンとうなづきながら読んでしまいました。

こんなふうにいうと各方面から怒られそうですが、私もフィギュアどころかプラモデルや模型の類にも一切興味がなく、組み上げるのが楽しいのかな、それとも塗装が楽しいのかな、もしかして飾って眺めてるだけで楽しいのかな、ポスターじゃダメなのかな、などとボンヤリ考える程度で、自分でフィギュアの類を購入しようとは思いませんでした。あ、いえ、ちゃんと白状すると


ミニスカ履いてる可愛らしいフィギュアを飾って24時間365日いつでも下から覗けるなんて想像するだけで心躍るのだけれど、触れてしまったらカチカチのスカートに萎えてしまわないだろうか、触れないように眺めるだけだとしたらそれでは3Dアニメーションを眺めるのと何が違うのだろうか、いやそもそもあのスカートの向こう側にある布切れはどんな生地でどんな形状でどんな色柄なのか、わからないからこそ知りたい、見えないからこそ見たい、めくれるのならめくりたい、そんなちょっとの探究心と好奇心と両手いっぱいの性的欲求行動力でそのスカートの向こう側へルパンダイブしたいと思うのが男心というものではないだろうか

という極々普通の思いはありました。

実際、なにかひとつくらい買ってみようかと軽く検索してみたことはあるのですが、動かないのがフィギュア?動くのがドール?あれ、じゃあミクロマンみたいなのはドール?え、違う?あぁアクションフィギュアってゆーのか、ややこしぃ!!とあっとゆーまに興味が薄れてしまいました。たぶん、好きなキャラクターでもいればフィギュアだのドールだの気にせず手にしていたのだと思いますが、そういうのがないと用途(?)も曖昧だし、敷居が高く感じてしまうのですよね。

その点、LOVEBODYは用途がハッキリしていましたし、その後の(綿詰めが面倒だから)木偶の坊、(お口機能を試したかったから)シリコンアート、という流れはハタからみると無差別級に見えるかも知れませんが私の中ではハッキリとした理由がそれぞれにあるんですよね。そこまできてようやく、「フルシリを骨折させてしまったから、きちんと人形の骨格の可動範囲を把握しておこう」と1/3ドール(オビツ50)に至るわけです。

とこのように、今更私なんぞが言うまでもなく、ドーラーさんと一口に言っても、それは「読書が好きな人」「映画が好きな人」くらい曖昧で大雑把なカテゴライズに過ぎないわけです。

でもそんなたくさんいるドーラーさんの中から、自分と合いそうな趣味の人がいるとちょっと嬉しくなりませんか。普段、会社の同僚なんかにはとても話せないけれど、ネット上でならドールについて思う存分語れることに嬉しさを感じたりはしませんか。実際交流してみるとすごい些細なことで意見の食い違いがあり、それこそ

ジジ 「パンツはワンサイズ小さくてパツパツなのが至高(゚∀゚)」
匿名 「いいやそれは違う、そこであえてワンサイズ上を選んで
    背伸びしてる感が良いというのになぜそれがわからない」

といった激しくどうでもいい論争が日夜繰り広げられていますが、それもまた日々リアルでの体裁を気にしたつきあいに比べると、その開放感たるや筆舌に尽くしがたし。いやまぁ、どっちも大切なんですけどね。ともあれ、ドーラーブログ同士の横のつながりはこれからも大切にしていきたいものです。

ちなみに、最初にご紹介したReの字さんのブログは料理と宇佐羽えあがテーマというなかなかに斬新なアプローチなのですが、マジでウマそうな料理がハイクオリティな写真で出てくるので、


空腹時は全力回避推奨です




Reの字さんのブログもよろしくネ

くうの欲求代償の部屋
http://gedkitchin.blog.fc2.com/


関連記事