Libidollのdollhoフレームボディ


2016年3月25日追記:
Libidollのお迎えを検討している方へ】を投稿しました。


以下、過去記事

微熱でボヘー(゜ρ゜)としているところへ突然の豪雨で床上浸水しやがりまして、バケツリレーでクタクタなジジです、こんばんは。

9年ほど前に台風で床上浸水した際に排水口を増設したため、足元がちょろっと濡れる程度で済みましたが、もう1時間も降り続いたらヤヴァかったですね。また住宅総合保険のお世話になるところでした。ちなみに前回の床上浸水では保険金150万円出ました。修繕に180万円かかったのでどのみち痛い出費でしたけど。差額の30万あったらアルテトキオがもう1体お迎えできたじゃないかっくそっ
保険だいじ。とてもだいじ。


さて、どうでもいい前置きはこのくらいにするとして、今回はLibidollのオプションパーツであるdollho EVEおよびdollhoフレームボディのお話です。

要するに妖精さんプレイのお話ですので、苦手な方は全力回避推奨。











dollho EVEのパッケージ
dollho EVE dollho EVE


この近寄りがたさは我々への挑戦状か何かなのでしょうか。

このパッケージを持ってレジへ行くことを想像すると思わず別のオナホでサンドイッチして持って行きたいくらいのハードルの高さを感じるのですが、それは私が歳をとったからでしょうか。いまから5年ほど前のあの日、はじめて大人のデパートm'sへ行ってLOVEBODYや木偶の坊のクッションドール(身長120cm)を購入したときに比べればぜんぜん大したことないハズなのですが、なんなんでしょうね、背徳感がより強いからなのか、それとも用途に詳しくなりすぎたせいなのか。ちょっぴり後者な気がしています。

ともあれ、以前おもわず酷評してしまったdollho bodyのパッケージに比べると直接的でわかりやすいので、ドールに詳しくない人がこっちを先に見つけたときに興味を持ちやすい、といった利点はあるのかもですね。ただ、裏面の説明書きは普通にわかりやすいのですが、あくまでLibidollの説明に徹しており、dollhoに関してはほとんど説明されていないのでそこはなんだかモニョモニョしますね。これはフレームボディ同梱セットだからなのかなぁ。dollho EVEの単体パッケージがあるのなら断面図の紹介なり何なり、もうちょいなんとかしてほしい気もします。



dollho EVEの内容物
dollho EVE


・dollhoフレームボディ
・dollho EVE
・オマケのローション(ペペ)

以前の dollho body ではパッケージが平積みされていたせいなのか、お尻がつぶれていて悲しい思いをしましたが、今度の dollho EVE ではフレーム内に収まる仕組みなので、仮にお尻がつぶれていようと見えなくなるのでそこはありがたいですね。



左)Libidoll通常ボディ(微乳)  右)dollhoフレームボディ
dollho EVE

dollho EVE

dollho EVE


通常ボディとdollhoフレームボディを並べて比べて見て気がついた点は、

・通常ボディに比べ、dollhoフレームボディのほうが約1cmほど長い
・dollhoフレームボディの股関節の受け皿は前方向にやや広い
・試作品のときにむき出しだった磁石はカバーされていた

といったところでしょうか。
dollhoフレームボディのほうが若干長いのはdollho EVE含め、ほかのオナホールの全長も意識したのかも知れませんね。この後で紹介しますが、全長が15cm程度までのミドルホールくらいなら大抵セットできそうな感じなんです。



dollho EVE
dollho EVE dollho EVE
右の写真、まるで上部がナナメに切れているように見えますが、たんに斜めで撮影してしまっただけです


全長:約14cm お尻部分の幅:約7cm ウエスト部の幅:約6cm

オナホの素材についてはあまり詳しくないのですが、サキュバスのレギュラーくらいの柔らかさはあると思います。また、内部は二重構造なので私の大好物なくぱぁができます。くぱぁができます。

大事なことなので二回言いました。

内部の形状についてはこれまた詳しくないため、あまりヘタなことは言えないのですが、ヒダとイボのどっちもあってワインディングしている気がするので、いわゆるリアル系でゆる系・・・みたいな? そんな感じです。一応誤解のないように申し上げておきますと、オナホはあまり使わないぜアピールではなく、使いまくるんですけど、どれも気持ち良いのでよくわからないというのが正直なところです。そこそこ柔らかくてそこそこ刺激があれば、あとは見た目とか着させる服とか香水とかエロボイスとか、そーいう見た目と精神的(?)な部分を工夫したほうが気持ちよく感じる気がするんですよね。



dollho EVEをdollhoフレームボディにセット
dollho EVE


さすがのフィット感です。dollho EVEのおなか部分がソフビ部分にかぶさるようにデザインされているのがなかなか心にくい配慮だと思いました。この写真だけではどういう意味かわかりづらいと思うので、

旧dollho bodyをセットしてみました(DD用)
dollho EVE

dollho body オビツ用
dollho EVE


個人的にはたいして気になりませんが、dollho EVE以外ではこのようにソフビパーツとの境目がハッキリ出ます。また、dollho EVEではおなか部分のでっぱりがソフビに引っかかることで激しい運動をしてもズレないようにという配慮もありそうです。

ついでに、「ないしょのついんてーるず!絶対キツキツEDITION」との組み合わせも掲載しておきます。



ないしょのついんてーるず!(かな)
dollho EVE

ないしょのついんてーるず!(さな)
dollho EVE


写真では「かな」のほうがちょっと短めのように見えますが、実際には同じで、「さな」のほうは少し下にひっぱっているんです。つまり、どちらも長さはやや足りない感じなので、実践で使いたい場合は薄く切ったスポンジ等を胸部パーツの奥へセットしてから使用すると良いんじゃないかと思います。

股間部分のソフビがむき出しのままナニかを入れようとするとケガをするかも知れませんので、面倒でもきちんと股間部分までオナホールが飛び出ている状態にしてくださいネ。

さらに番外編の無茶しやがって部門ですが、すじまんくぱぁ/ものべの/サキュバスをセットしてみました。見た目は非常にアレでソレですが、実用できないこともありません。

すじまんくぱぁ りな
dollho EVE

ものべの 夏葉
dollho EVE

サキュバス ソフト
dollho EVE


なんか・・・すんません・・・


いや、でも、なんといいますか、工夫次第でお気に入りのオナホールが使えるかもしれない、というのが伝えたかったんですね。とくに最近はみくらオナホとか、おっぱいやお腹の造形のあるオナホールもけっこう発売されてるじゃないですか。そういうのであればほぼ違和感なく装着できますし、ただまっすぐなだけのチクワでも服着せちゃえばどーということはないかなーとも思うワケです。

ただ、先述したとおり、股間部分のソフビがむき出しだとケガしかねないのでそこは本当に注意してください。dollho EVE以外のオナホを使う場合は股間部分をV字カットすると良いと思います。

左)ないしょのついんてーるず!  右)dollho EVE
dollho EVE


こうして並べてみるとわかりやすいかと思いますが、大きさ自体はさほど変わらないものの、股間部分の形状が致命的に違います。赤い点線の部分が出っ張ったままだとフレームと干渉してしまい、股間部のソフビがむき出しになってしまうわけですね。この部分をうまくカットすればちょっとは安全になるハズです。



では最後に、dollhoフレームボディをいろいろいじくりまわしつつ、動画を撮影しましたので掲載しておきます。オナホやディルドーが登場するためご注意ください。





dollho EVEエロすぎワロタ



関連記事