Magic Faceを360度ぐりぐり回せるページを作ってみた


オナホールのお話ですよー
生首注意ですよー




なんか無性にコマ撮りしてみたくなってやった。後悔はしていない。

ちなみに今回は24枚撮ったので前回の「Libidollのヘッドを360度ぐりぐり動かせるページを作ってみた」の12枚よりは若干スムーズに回転するかと思います。でもサーバー重いからロード長いっすね…。
※新しくアダルト可な有料レンタルサーバーを借りたので早くなったと思います


Magic Faceを360度ぐりぐり回せるページ

http://edolls.net/360mf.html


■内容物
・マジックフェイス本体
・ローションボトル120ml
・KISS×800というエロゲ
※まだプレイしてないんですけど、オナホにエロゲついてくるって斬新じゃないですかね



ちなみにMagic Faceは実物の1/2くらいの頭部サイズで、平面に置くとでろーんと倒れるくらい柔らかいので取り扱い注意です。

Magic Face マジックフェイス Magic Face マジックフェイス


コマ撮りのときは前のめりに倒れないよう、ナナメの台座(※)をつくって回転させました。
※キャスター付きの椅子の上にダンボールで段差を作って白いスチレンボードをナナメに置いた



でも個人的にはこんなふうに黒いゴム紐を使って固定する方法をオススメしたい。

Magic Face マジックフェイス



とりあえずざっくりとした感想ですが、

■気に入った点
・エロゲのフェラチオ音声を聞きながらプレイするとシンクロ率がやばい
・ナニかをつっこんだときにほっぺたがふくらむのがくそえろい
・アニメ造形なのでリアル生首っぽさがない
・肩の造形があることも生首っぽさを軽減している気がする
 (風呂の中から上半身を出している感がある)

■残念な点
・平面に置くと倒れるのでナニかを発射した後は仰向けにしないと危険。超危険。
・非貫通なので洗うのがとても面倒。いやより正確にいうと洗った後の乾燥が面倒。

■その他の感想
オクチスキーな人は(ぼくを含め)一定数以上いると思うのですが、ラブドールでお口使用可能なモデルは限られる上、実際その用途に使ってみると予想以上にガシガシ頭を動かすことになる(フェラではなくイラマチオになる)ので耐久性がかなり心配。ぼくがシリコンアートの初音をお迎えしたのはお口機能があるからというのが半分以上の理由なのですが、その用途で使ったのは数回程度。あとは壊してしまうのが怖くなって使っておりませんでした。

そんなわけで、フルシリだとヘッド1つで5~6万はするところ、その10分の1以下のお値段でそれなりに満足感を得られるMagic Faceはけっこういいものだと思います。というか、このジャンルもっと充実してほしいと切実に願っております。なのでみんなどんどん買って次はもうワンサイズ大きくてウィッグ付けられるニューモデル作ってもらおうぜ!と言いたい。すごく言いたいのです。さあ買おう。すぐ買おう。



えーと、気が向いたらそのうち動画でも撮って追記します。

いじょ。






関連記事