祝・お迎え【三号さんちのキューティドール2010ほのかちゃん】

はぁー、G/Wおわっちゃいましたねー(*゜ρ゜) ボー
    5/2~5/6までしっかりお休みだったのですが、
       いったい何をして過ごしたのかとんと思い出せません… (゜ρ゜*)ボー

週明けからはみっちりと平日モードが始まるのでそろそろちゃんと頭を切り替えないといけませんね。あぁでもまだ消化していないアニメが…



さて、それはそれとして、本日はHN:三号さんからキューティドール2010ほのかちゃんのお迎え写真を頂いたのでご紹介です。
(お写真およびメッセージの掲載許可は頂いております)

三号さんからのメッセージ一部抜粋:
はじめまして、いつも楽しく読ませていただいてます。
ジジさんの記事に触発されてキューティドールほのかをお迎えしましたので報告をば。
添い寝してみて枕の妖精と言われていたのが理解できた気がします。

欲望の赴くまま、あまり深くも考えずに自分の変態趣向を垂れ流しているだけのブログですので、自分で自分の文章を読み返すと軽く死にたくなり、なるべく読み返さないようにはしているのですが、それでもやはり記事をお読み頂いてお迎えを決めたとか言われると嬉しくなっちゃいますね。
ありがとうございます m(_ _)m ありがとうございます m(_ _)m



三号さんちのキューティドール2010ほのかちゃん
三号さんちのキューティドール2010ほのかちゃん
すごい偶然ですが、三号さんからのこのお写真でちょうど333枚目!(頂いた写真の合計)


最初にお写真を拝見したとき、

うっひょーぅぅ、開眼ほのかちゃんだー━(゚∀゚)━!!
開き目ほのかちゃんは販売休止でもう入手不可能なのかと思っていただけに嬉しいお迎え報告です!


とか1人で勝手に盛り上がって即返信してしまったのですが、よくよく聞いてみると三号さんちのほのかちゃんは木偶の坊公式の「ドールアイほのか<開き目>」とは違うのです。
参考URL:http://www.dekunoboo.com/honoka2.php

三号さんからのメッセージ一部抜粋:
紛らわしくてすみません、開眼ヘッドを入手した訳ではないんですよ。
無彩色マスクを購入して、いろいろとやってみたらこうなりました。


なんだ、ただの神か


いやいやいやいや、おかしいですよね((((;゚Д゚))))
無彩色マスクってばこれですよ →
いったいどうやったら開眼するんですか…。
ラブドールに手を出す人はIT技術者か職人しかいないのでしょうか。
なんだかとんでもない技能を持っている人ばかりなんですが…。
その貴重な遺伝子がラブドールに


三号さんのその素晴らしい技能については機会があればぜひ伺ってみたいところですが、まずはいつもどおり、アレやコレやと不躾にご質問を投げつけてしまいましたので、みなさまにもおすそ分け。

三号さんにアレコレ質問しちゃおう!
  • ラブドール(空気嫁含む)のお迎えは今回がはじめてですか?
    (ジジの場合:LOVEBODY akiの直後にQTをお迎えしました)


    2度目です、最初は宇佐羽えあをお迎えしてました。

  • 木偶の坊を知ったきっかけを教えてください
    (ジジの場合:某巨大掲示板でした)


    ジジさんのHPを見て、これはいいんじゃないだろうかと。

  • お迎え前と後でイメージが違った点はありましたか
    (ジジの場合:店頭購入でしたので当たり前ですがイメージどおり!)


    ヘッドが思っていたよりも小さいんだなーと、それ以外は大体イメージ通りでした。

  • いくつか検討されたと思うのですが”決め手”があれば教えてください
    (ジジの場合:店頭で見てすぐほしい!と思ったから)


    以前は宇佐羽えあに骨格の導入と綿詰めをしてたんですが。
    大雑把な骨格を入れたせいか
    ・着せ替えしにくい
    ・添い寝したときに冷たい  
    などの問題がありまして。
    なんかいいものは無いものかと考えていた所
    ジジさんの記事を読んで、暖かそうだし、着せ替えしやすそうだなーと思ったのが決め手です。


不躾な質問にも関わらず丁寧にご回答頂きありがとうございました m(_ _)m

宇佐羽えあからですと、マスクの互換性からふぇありーどーるももへ行く人が多そうな気はしますが、ここであえてリアルタイプのヘッドが欲しい、というケースもありますよね。また、ふぇありどーるももやララドールの肌は起毛素材でかつ縫い目も多めなのでそこが気になる場合は木偶の坊、というのもアリなのだろうと思います。個々人の好みの方向性が強く現れる分野だけに選択肢があるのはありがたいことです。

~~~ ここからぬい素材の余談 ~~~
■唐突に素材ごとの感想をまとめてみる
起毛素材(ふぇありーどーる、ララドール)・・・起毛なので見た目はまんまぬいぐるみで伸縮性もそこそこ程度だが、触り心地はふわふわもふもふでしあわせ。

スムースニット(らぶぬい、こももシリーズ等)・・・入手性が良く扱いやすいらしく個人作家さんがよく使っているイメージ。見た目も綺麗で伸縮性もそこそこだが、少し毛玉ができやすいような気がする。お高いニットだと平気なのかな?よくわからない。

ポリウレタン混合綿(リップロップ)・・・いわゆるストレッチサテンなのかな?大雑把にいうと厚手のストッキングなのでサラっとしていて伸縮性が高く毛玉ともほぼ無縁だけれど、上述の起毛やニットに比べると薄いのでやや中身が透けて見える。(厚いのもあるがそちらはテカって見える)

両面ジャージ貼り低反発ウレタン素材(木偶の坊)・・・木偶の坊オリジナルの外皮生地で肌触りはサラサラで汚れも付きづらく毛玉とも無縁だが、薄手なので糸がほつれて中のビーズが漏れることがあるのと、経年劣化で色がまだらに変わってしまうケースがあるのが難点。全然平気な人もいるみたいなのでうちみたいにクローゼットに隠している時間が長いと危険?

抱きまくらがそれなりに世間一般に認知されてきているようですし、今度は人型萌え枕とか、言ってしまえばただのキャラクターぬいぐるみの大きい版ですが、そんなのが流行ってくれないものですかね。秘密の小物入れは付いてなくても変態紳士なら黙って改造するので無問題です。そしてユーザーが増えれば等身大の選択肢も増えて嬉しいなー、という妄想をかれこれ5年くらいしているのですが、もうあと5年くらい妄想し続けないといけませんかね。
~~~ 余談ここまで ~~~


と、ぬい系と一口に言っても素材ごとに一長一短あるよなーっとなんだか唐突にまとめてみたくなりました。

なお、木偶の坊は公式ページがちょっと暗いイメージがあって苦手とおっしゃる方もいたりするのですが、ラブドールとして至極まっとうなお人形さんを作られていると思うんですよね。内部のパウダービーズはシャクシャク音がするものの、ほぐれてくると腕や足の曲げ伸ばしに便利ですし、綿のような反発がないので寝技(意味深)が得意で、3層貼の表皮の肌触りも最高です。骨がないのであぐらをかかせて膝枕ならぬあぐら枕?をさせることも可能で、これがまたビーズクッションそのものですから、枕としても大変優秀。というか実際、私がはじめてお迎えしたキューティドール1体目は主に枕として大活躍してくれました。毎朝目が覚めると「(´・ω・`)やあ」と顔を覗きこんでくるキューティドールにおはよーと声をかけていたものです。ああ、ぼくって変態。

うちのキューティドールはほのかヘッドの色移りがどうしても取れなかったので、ずっとアニメマスクですが、三号さんのほのかちゃんを見ていると新しいヘッドが欲しくなってきちゃいますね。ほんとこの開眼カスタムすごいわぁ…。

あらためまして、



三号さん、キューティドール2010ほのかちゃん
のお迎えおめでとうございます!



関連記事