リップロップTYPE-SO1の足のサイズ

リップロップの布製ラブドール、TYPE-SO1の
足のサイズ20-22cmです。










以 上











・・・だけだと、あまりにアレなので、もうちょっと書きますね。

リップロップのサイト上ではTYPE-SO1の身体サイズデータが見当たらなかったため、ヤフオクへ出品された際にHTMLをPDF化して保管しておきました。(お迎え前に洋服とか用意しておきたかったので)

それによると、

身長:約150cm
体重:約5kg
肩幅:約33cm
バスト:約77cm
ウエスト:約58cm
ヒップ:約86cm
足のサイズ:約20cm

とあります。ジュエル136ですら、足のサイズは公称値22.5~24cmなのに、ずいぶん足が小さいな~、これホントにあってるのかな~と思ったものです。基本的にロケはしませんし、部屋の中で靴を履かせるつもりもないのですが、壁を背にした自立姿勢を取らせるときには靴を履いていたほうが安定するようなことを聞いていたので、上履きくらいなら買ってみようかなと思ったんです。

しかし、洋服なら「小さければジュエルかララドールへお下がり」とか出来ますけど、どうも足のサイズはジュエルやララドールのほうが大きいっぽいですし、キューティードールに靴を履かせるつもりもありません。

まー、靴についてはお迎えしてから足のサイズをきっちり測って買えばいいかーってことで、ようやく先日サイズを測ってみました。

すると、足のかかと~つまさきまでの長さは約18cm
これに1.5~2.0cm足したサイズを靴のサイズとするのが一般的ですから、公称値の約20cmは正しいことになります。マジ疑ってゴメン。

というわけで早速買ってきた
バレエシューズ


これナント380円。なんかたまたま近所のお店でセールしてたんですよね。4月だから?

へっへ~、ぼくってチョー買い物上手じゃん。とか思っていたら、楽天とかでもふつーにこのくらいの値段で売っててしょんぼり。あちらは送料かかりますけども。

で、さっそく履かせてみるのですが、これがかなりギリギリ。
たしかに足長と呼ばれる「つまさき~かかと」までの長さは18cmなので、20cmのバレーシューズでも長さ的には問題ないのですが、足幅を失念していた!
20cmサイズでも履けないことはないですが、足幅がだいぶきっつきつなので、ドール本体を痛めないためにも、できればもう1~2cm大きいサイズにすることをオススメします。
※特にぼくのように肌色タイツを保護カバー代わりに使い、更に上から靴下とか履かせてると超キツキツ

さて、肝心の自立のしやすさについてですが、たしかに上履きを履くとしっかり足をふんばるようになるので、何も履いていないよりは楽になります。が、背~腰あたりのグリップがないのは変わらないので、やっぱり前傾姿勢になって苦労するのは相変わらずです。
(というか、フリーボディに自立姿勢を求めるなよって話ですが)

でも上履きが完全に無駄かというと、そんなことは全然なく、足を組む姿勢がすっごいしやすくなりました。

まずは靴を脱いだ状態での足組み
リップロップTYPE-SO1で足を組む

こちらは靴を履いていない状態です。もう少し綺麗に組めないこともないですが、パパっと足を組ませるとだいたいこんなものです。

リップロップTYPE-SO1で足を組む
※チラッ


これはこれでそんなに悪くありませんが、脚二本分の重量が片足にかかるのと、上に載せているほうの足が軽すぎて、どちらの足もふとした拍子に足組みから外れそうになります。

リップロップTYPE-SO1で足を組む
※ついでにちょっぴりポージング


洗濯バサミとか姑息な手段を使わず、このくらいのポーズなら素のままできます。指骨格のおかげですね。

でもって、上履きを履かせてみると、このとおり。

リップロップTYPE-SO1で足を組む
※足組みが鋭角になるように椅子を低くしてみました


エロい!エロいよ!!


上履きがしっかり地面をホールドするし、上に載せているほうの足も重量が増えるので、こんなに鋭角に足を組んでもすべらないんですよね~。これはイイ。すごくイイです。

ところで、こういう髪型にメガネだと、





リップロップTYPE-SO1委員長


無性に
委 員 長

と呼びたくなるのはぼくだけですか?
関連記事