祝・お迎え&ブログ開設【ドルマンさんちのA.I.doll EX】

つい先日、というか昨日、ぼくよりも何年も先輩のドーラーさんでオリエントもARTEシリーズも複数体所持していらっしゃる方が遠方より東京へお越しになるというので、おぉそれなら一緒にショールーム行けると良いですねぇ!なんて話していたらあっという間に話が決まり、SRに限らずアダルトグッズショップまでハシゴしてきたのですが、あまりにも普段外出しないので今日は一日中筋肉痛でベッドの上でツイッターしていたダメ人間のジジです、こんばんは|ω・`)ノ

さて、相変わらず前置きとは1ミリも関係ないのですが、本日はHN:ドルマンさんより、 4woods の A.I. doll EX ルナちゃんのお迎え写真とブログ開設のご連絡を頂きましたのでご紹介させてください。
(掲載許可は頂いております)

■ドルマンさんからのメッセージ一部引用
はじめまして!
いつもお迎え記事が投稿されるのを楽しみにしています!
ここ数ヶ月は毎日通いつめていました^^;
この度、初ラブドールをお迎えする事になり、先ほど到着しましたので、ご挨拶にと思いまして、、、
初等身大ドールながら、4woodsさんのドールをお迎えしました!


4woodsのお迎え写真紹介リスト
Noハンドル名モデル名記事のURL投稿日
1館主マルゴさんCC Body (ソニア)/blog-entry-454.html2015-11-13
2ドルマンさんA.I.doll EX (ルナ)New!2016-01-10


初等身大でフルシリ選択する人多すぎィィ!!
しかも4woodsですよ4woods!

前回の館主マルゴさんちのCC Bodyが当ブログでは初の4woodsドールのご紹介でしたが、まさか2体目のご紹介ができるなんて光栄です。以前にも書いたとおり、4woodsのドールはしっとりとした質感で肌触りも良く、柔らかい上に造形美が素晴らしい、という噂は各方面から聞いております。ただし重い。ハンパなく重い。
ということで興味はあれどもなかなか手が出せないという方も多いのではないでしょうか。ぼくもです…。

あぁそれとお人形さんらしい精巧なお顔も良いけれど、現実にいそうな顔立ちだよね、というお顔が多いのも4woodsの特徴と聞いております。ぼく自身はできるだけ現実離れしたお顔、なんだったらPSOのレイキャシール(ロボ子)でも構わないくらいなのですが、そこは人それぞれ好みが強く別れるところだと思いますので、なんというか、ドールメーカーも大変ですね…。

ドルマンさんちのA.I. doll EX ルナちゃん
ドルマンさんちの 4woods A.I.doll EX ルナちゃん

ドルマンさんちの 4woods A.I.doll EX ルナちゃん

ふわっふわっ もこっもこっ (;゚∀゚)=3ムッハー


やっぱふわもこは正義よね。

お迎えと同時にブログも開設されたとのことで、ブログのお写真も好きに掲載してOKとのありがたいお言葉を頂いたのですが、等身大オーナーのブログは増えて欲しいと思っておりますし、せっかくですから当ブログの読者の方にも見に行って頂きたいなーということで2枚だけにしておきました。ほかにもたくさんのお写真がドルマンさんのブログのほうに掲載されておりますので、ぜひご訪問頂ければと思います。
(例によって記事の最後にリンクを貼っておきます)

さてさて、でもって恒例の公開アンケートでございます…が…
■ドルマンさんからのメッセージ一部引用
ついに私もアンケートに答える権利が与えられたのですねw
ジジさんのお迎えに載せていただけるのは一種のステイタスになりつつあります。


いやいやいやいや((((;゚Д゚))))
うちのブログはそんな大したものでは決してございません。むしろ軽い気持ちではじめたドール紹介でこれほどのお写真(現時点で576枚!)が集まるとは想像もしておらず、お送り頂ける方には感謝しかございません。フルシリにかぎらず、空気嫁でもクッションドールでも気軽にお迎えしましたよーっとお写真を送りつけてくださいませ。なんならドールに合うオナホ見つけたぜー!なんてもんでも構わないんです。

最近は公開アンケートが意外と好評でして、誰ソレさんのコメントが参考になった、なんてお話もちょくちょく聞くようになりましたので、こちらも大変ありがたいです。そんなわけで、お送り頂いたアンケート全文まるっとご紹介しちゃいますネ。

ドルマンさんへの公開アンケート

  • 当ブログを知ったキッカケを(覚えていたら)教えてください
    2015年の年始にリビドールの記事で初めて知りました!
    それからなんやかんやで秋頃にラブドールの情報を集めている際にハマりました。
    ジジさんのサイトがなければお迎えすることどころか、この世界を知ることもありませんでしたw

  • 注文されたモデル名(ボディ&ヘッド)やオプションを教えてください
    メーカー:
      4Woods
    ボディ:
      A.I.doll EX
      指関節あり
    ヘッド:
      ルナ(普通耳)
      柔らか仕様
    メイク:
      ドーリー
    アイカラー:
      ライトブラウン

  • 注文からお迎えまでは何日くらいかかりましたか
    60〜70日ほどでした

  • お迎え前と後でイメージが違った点はありましたか
    重量!想像では、よいしょっと持ち上がるくらいの重たさかなと思っていましたが、
    現実は、ぐおぉぉぉフルパワーだ!くらいの力を入れてやっと持ち上がるレベルです。
    お迎えして次の日には全身筋肉痛の状態です・・・

    立ちポーズができるモデルですが、立ちポーズを決めるのは難しいです。
    寝かせてた状態で立った時のポージングを調整->立たせる->バランスが悪ければまた寝かせる
    これを繰り返すので、いつの間にか全ての体力がゼロになっています。

  • お迎えしようと思った動機や決め手があれば教えてください
    ボディの美しさですね。パーティングラインがほとんど目立たないという話を聞いていたのと、触り心地がとても良いという記事を見かけ、4woodsのルナの写真が可愛かったので^^;
    オイルブリードが非常に少ないということも決め手になりました。
    以前、半熟サキュバスのおっぱいを所持していたのですが、パウダーで頑張ってもオイルブリードが結構出ていて気になる体質でしたので、オイルブリードの少なさはかなり重要視しました。

    実際届いたところ、サラッサラでした。
    太ももにぎゅっと手をしばらく押し付けていても、サラッサラです。サラッサラ。
    パウダーが少なめな箇所はさすがにちょっとペットリはするのですが、手にオイルがべっとり付いたっといった感じではないので、十分許容範囲でした。

  • その他なにかあれば
    綺麗にウィッグをセットするのが難しいです・・・
    前髪がペタッとなってしまうので、ふんわりさせるようにがんばらねば。。。
    生気が宿ったような撮影がまだできないので、今の所なんかちょっと違う感じになってしまいます・・・

    胸は柔らかかったです。これは人それぞれ感覚が違うのであれですが、
    本物の女性の胸を服の上からパイタッチしたのと同じ感触だったので、本物のまさにそれです。
    風俗でたまにいる硬めの胸の子より柔らかいです。

不躾な質問にも関わらず快くご回答頂き誠にありがとうございます m(_ _)m

ぐおぉぉぉフルパワーだ!で声出して笑っちゃいました。
でも言いたいことはすごくわかりました。やはり4woodsのラブドールは重量がネックですねー。鑑賞がメインであればさほど問題にはならないのかも知れませんが、着せ替えや実践ではなかなかのハードトレーニングになりそうです。

立ちポーズについては恐らくフルシリを初めてお迎えする人はみな苦労されるのではないかと思いますが、そのまま立たせるとなんか猫背になっちゃうんですよね。寝かせた姿勢と立ち姿勢では背骨の反り具合やアゴの引き具合、そして股関節から太ももにかけての角度が全然違うので、背中にクッションを入れて曲げたり、ベッドやソファの端っこで脚を反らせるようにしてからでないと立ちポーズが綺麗に決まらないことが多いです。軽量なドールなら片手で胴体を抱えるように持ち上げて脚の角度調節もできるのですが、25kgを超えてくるとしんどいです。超しんどいです。

しかし、おっぱいはかなり柔らかそうで正直うらやましい…。うちにある旧シリコンのARTEシリーズでも中にジェルが仕込まれている関係でそれなりに柔らかく、少なくともオリエントの旧ジュエルよりは柔らかかったのですが、2年半経過したことで表面のオイルが抜けきってゴムボールのようになってきました。力を入れればペコってへっこむのだけれど、ジワリとしたあの柔らかさはもうない…という。あーうちもそろそろボディの買い替え時期ですかねえ。オーナー同士のつながりが増えるのは喜ばしい反面、新しいドールのお迎えを聞いて隣の芝が青く見えると言いますか、お互いに沼に沈めあうとでも言いましょうか。あぁ悩ましい悩ましい…。罪深きドール沼。



えー、そんなこんなで最後になりましたが、あらためまして、

ドルマンさん、A.I. doll EX ルナちゃんの
お迎えおめでとうございます!




また、前述しましたとおり、ドルマンさんはお迎えと同時にブログも開設されており、たくさんのお写真が掲載されていますので、お時間がございましたら、ぜひ一度訪れてみてください。

ドールと私の生活記
http://femidoll.blog.fc2.com/



関連記事