ショールームをはしごしてきたお話 part1

Twitterではウザいくらいにつぶやいておりましたのでご存知の方はご存知かと思いますが、先々週の土曜日、オリエント工業のショールームとアルテトキオのショールームをハシゴしてきました。

発端はここのブログでも何度かご紹介しているHN:某Mさんから「年明けに東京行きが決まりましたのでオリエントとアルテトキオのショールームに行こうかと思っております」なんてメールを頂いたことです。某Mさんとはいろいろと趣味が合うと言いますか、何度も何度もドールやゲームやアニメやカメラや、多方面でお話をしており、この人、他人とは思えねーな…と思うところがございまして、「一緒にSRへ行って取材とかできるといいんですけどねーw」なんて深く考えずに返信したところ、

■某Mさん
おおお!それは有り難い!!と言いますか以前からできればご同行いただきたいというつもりでちょこちょこショールーム行きたいなぁと書いておりました。

と、なかなかの勢いで捕まっ…ごほん…話が進んで、あれよあれよという間にSRはしごツアーが決定しました。

アルテトキオについては当ブログでもさんざん新シリコンの紹介をしてきたということもあり、ボディを買い換えるのも時間の問題かなー、ということでSR行きに抵抗はありませんでした。でも、オリエントについてはどうかなー、柔らかおっぱいジュエルが気になるっちゃ気になるけれど、お迎えするかなーただの見学で冷やかしに行くのは申し訳ないから嫌だなーという思いがあったのですが、某Mさんから「ジュエル146をお迎えしたばかりですし、新しいヘッドも買うつもりだからちっとも冷やかしじゃないです」と説得され、オリエントのSRも行くことになったのでした。

そしてみなさんご存知でしょうか、

オリエントSRとアルテトキオSRのこの近さ
オリエントとアルテトキオのSR


オリエントのSRアルテトキオのSR前回(2014年7月)前々回(2013年5月)とお邪魔した蔵前SRから移転したとは聞いておりましたが、よく調べていなかったのでまさかオリエント工業と同じ御徒町、しかも距離にして100mも離れていない場所にあるとは思いもよりませんでした。

オリエントのSRへ訪問するのはこれで2回目です。前回はこのブログでもチラっと書いた気がしますが、どうせ戻ってこないだろうと思って知人に貸していたお金がぽーんと戻ってきたので、その日のうちにSRへ電話してみたら予約とれちゃった、という経緯です。そしてnanoを購入する気まんまんだったのに持ち上げてみたら想像よりもズシンと重かったので、これならジュエル136でいっかーとお迎えしたのでした。その場の勢い、だいじ。

当時のSRの担当者はドーラーの中では「ちんこおじさん」と呼ばれるけっこう有名な人で、SR訪問者のちんこ触ってくるんです。なんかそれだけ聞くと変質者かよとか思われるかもですが、「どうですか、ラブドールえろいでしょ。興奮しますか?ガハハハ」みたいないわゆる昭和オヤジのノリでちんこをポンッと叩いてくるだけなので個人的には特にどうということもありません。むしろ親しみの持てるおっちゃんなのでワリと好きです。

オリエント工業ジュエル136(2011年製)今回もそんなノリがあるかなーと少し期待していたのですが、残念ながらけっこう硬い対応のふっつーの担当者でした。ぼくも某Mさんもオリエントの所有者(ぼくは「元」ですけど)と知ると「じゃあデュアルフレームの説明だけしますね」とアンジェの置かれた場所へ案内され、「デュアルフレームというのは股関節のグリップの違いだけなんです」と、肘/膝などのグリップと比べて股関節のグリップがゆるくて取り回ししやすいことを説明してくれました。なるほど、たしかに2011年製ジュエルは股関節のグリップがめちゃ強力でベッド上でプロレスごっこをしようとしても足持ち上げるのにもけっこうな力が必要でした。部位によってグリップ強度を変えるというのは面白い発想です。

あとはご自由にご覧ください、といって立ち去ろうとするので写真撮影の許可をもらえないか一応聞いてみたのですが、それは勘弁してください、と断られてしまいました。そんなわけでオリエント工業SRの写真は一切ありませんので、ざっくりと感想のみ。

ぼくが昔お迎えした2011年製ジュエル136に比べると、

・おっぱいはたしかに柔らかくなっていた
・低反発っぽいじわっとした揉み心地も健在だった
・でもほかの部位は相変わらず硬かった
・リアルテイストになってメイクがリアルになっていた
・造形自体にあまり変わりは見られなかった

相変わらず肩はややがっしりとしているのが気になったものの、もしかしたらこれが脇裂けが少ないヒケツなのかもね、なんて某Mさんと話しました。なるほど。

なお、ぼくがジュエルのおっぱいを揉み揉み揉み揉みしている間、某Mさんは真剣にきららヘッドといずみヘッドを見比べ吟味されていました。ノボルさんちのきららちゃん以上に可愛く撮る自信ないんだよなぁ…と苦笑いされていたので、そっと「いずみちゃんもめっちゃ可愛いと思いますよ」と囁いてみたり、おっさん二人できゃっきゃうふふと楽しんでいるうちにあっというまに30分経過。

しかしSRの制限時間が30分ってめちゃ短いと思いませんか。前回は1時間見学させてもらえたんですけど、平日だったからかなぁ。ともあれ、今回は20分経過したくらいで次の人がきてしまい、外で待ってもらうという事態に。そりゃ予定時間の5~10分前くらいに来る人もいますよね。完全予約制とかいうなら次の人との間隔は10分以上あけるのが常識ではないのでしょうか…。

某Mさんがいずみヘッドの購入を決められ、購入手続きをしている間に30分をわずかに過ぎてしまったのですが、あろうことか、次の人に対して「いまご契約手続き中でして…、気にされないようでしたら入って頂いても構いません」とかいって次の人をSRへ入れてしまうという…。この気まずさったら…んもぅ…(*´Д`)ハァハァ
(正直この対応には呆れてしまいました)

オリエントのSRへ行かれる際はこんなことがありえるので、20分くらいで見学を切り上げるようにしたほうが良いかも知れません。



さて、その後、気を取り直してアルテトキオのSRへ向かうことになるのですが、こちらは写真撮影もインタビューもあって長くなりますので、また次回。

アルテトキオのSR



関連記事