WMDOLLS140でも万歳ができたよっ

先日、「Japanese Love Toysからお礼のメールがキタ━━(゚∀゚)━━!!お話」で My Love Doll シリーズで万歳姿勢ができる件をお伝えしましたが、

Dbrand156をお迎えされたイータさん
WMDOLLS140をお迎えされたMUCKさん

の両名に確認しましたところ、どちらのTPEドールも万歳可能なことがわかりました。
また、ありがたいことにMUCKさんからたくさんの参考写真を頂きましたのでご紹介します。
(ブログへの掲載許可は頂いております)



WMDOLLS140付属の説明書(一部抜粋)


20160323_wmdolls140_muck_06.jpg

上から二段目の項目に確かに万歳姿勢が描かれています…!



MUCKさんちのWMDOLLS140の万歳姿勢



MUCKさんちのWMDOLLS140 MUCKさんちのWMDOLLS140
MUCKさんちのWMDOLLS140 MUCKさんちのWMDOLLS140
MUCKさんちのWMDOLLS140

イヤッホォォオウ!!\(゚∀゚)/


あらためて見るとなかなか衝撃的な絵面ですねー。

フルシリでは万歳がご法度と思い込んできましたから、こんな日がくるなんてちょっと感動すら覚えます。
何年か前、「海外のリアルドールはとっくに万歳できるのに日本はまだか」みたいな書き込みを読んだ気がするのですが、アメリカ~ンなボンキュボンで30kgを優に超えるという重量級のドールじゃたとえ万歳できてもお迎えしないだろうしなぁと軽く流していました。それがいつのまにやらTPEドールで実現しているとは…。

肩が上下しない関係で裸での見た目にはちょっと違和感がありますし、万歳できるから即お迎え、とはなりませんが、やっぱりポージングの幅が広いのは素直に嬉しいです。価格帯もリスク承知の直輸入なら10万円台~、代理店を通しても2~30万円くらいで身長100cm~165cmくらいまで幅広くありますし、ちょっとお試しで…とお迎えを決める方も多いのではないでしょうか。なによりあちらは世界に向けて販売しているので出荷数もすごそうですよね。アルテトキオのときと同じでヘッドのラインナップが増えてきたら…ぼくもヤバイかも知れません。

ちょっと物置部屋の整理してみよう…かなぁ…

とまぁそんな話はどうでも良いとして、
あらためましてMUCKさん、お写真のご提供ありがとうございました!

関連記事