Libidollのお迎えを検討している方へ

等身大のラブドールと1/3ドールの中間的存在になるのではないか、元々フィギュアもドールも知らない層からの入門用に最適な1/3ドールになるのではないか等、(極々個人的に)様々な期待を込めてお迎え&紹介をしていたLibidollですが、現時点では誠に残念ながら気軽におすすめできるドールではありません。
(買うな、という意味ではありません)

20160110_libidoll_05.jpg

発売からおよそ2年経った今でも当時予定されていたオプションパーツ類の販売もなく、公約されていた手足パーツのバラ売りもない上に予約購入者へのケア(公式予約ストアには購入ポイントがありました)もない状態です。

あくまで予定は未定と言われればそのとおりなのですが、Libidollのお触り会などで積極的にユーザー目線をアピールしており、当ブログの記事にまでちょいちょい口を出される状況だったため、よほど自信があるのだろうし遅延はあってもパーツ販売くらいはされるだろうと思い込んでおりました。それが今や問い合わせのメールをしても返事のひとつもこない状況です。

以前から「お父様」(宇佐羽えあ/Libidollの生みの親の意)なる人物はいい加減な人だとは感じておりましたが、先日届いたナマコのメルマガを読んで心底呆れました。

>>> お父様がプロデュースのチクワーク!一度チェックしてみて下さい!笑えます!!

は?
Libidollも空気少女シリーズもほっといて何してんすかwww
違う意味で草生えるわwww


と夜中に腹抱えて笑い転げた後、絶対買ってはいけないオナホブランドを教えてくれてありがとう、と穏やかな気持ちになりました。

まぁきっと大人の事情が色々あるでしょうから予定が狂ってしまうとか、大風呂敷広げたけど畳めなくなりました、とかそんなことがあるのは仕方ないでしょう。でも将来を期待してお迎えしてくれた人たちに謝罪の一言もないというのはどうかと思うのですよ。せめて公式ページに何か一言あっても良いのではないかなぁと。

20140614_libidoll_01.jpg

勘違いして頂きたくないのはドール自体はそれほど悪くないというか、可動範囲が~とか磁石が抜けやすくて~、という細かい点を除けば一定の品質は超えているので、見た目でビビっときたのでしたらお迎えしても良いとは思うのですよ。ぼくは今でもLibidollのお顔は可愛いと思っていますし、磁石関節はおもしろいとも思います。

20140604_libidoll_head_18.jpg

ただ、あくまで、Tokyo Libidoというブランドの姿勢がどうしてもまともな企業と思えないので、手放しにはオススメできないなぁという状況です。

過去の当ブログの記事を信じて(手足やハンドパーツの販売を信じて)Libidollをお迎えした方々には本当に申し訳ありません m(_ _)m

Libidoll関連のすべての記事を削除することも検討したのですが、それはそれで(まるでなかったことにするような)不誠実な気もしましたので、全記事にこの注意喚起へのリンクを貼ることとしました。


関連記事