ララドールの凛ちゃんの写真げっとだぜ!

ケイさんちの
ララドールの凛ちゃんの写真もらっちゃったよー!!

こちらもまたうちのお迎えレポにまんまと騙されを参考にされたとのことで、写真を送ってきてくださいました。まったくありがたいお話です。

うちでレポートしているラブドールに限らず、「お、これちょっと可愛く撮れたんじゃね?」とか「ところでこいつを見てくれ、こいつをどう思う?」なんて感じで気軽に等身大ラブドールのお写真を送って頂けると個人的にジジがによによ見て喜びますので、気が向いたら連絡フォームやメールで送りつけちゃってください。



さて、それではお送り頂いたララドールの凛ちゃんのお写真をぺたぺた・・・

ララドールの凛ちゃんの写真(公開許諾済)
オリエント工業ララドールの凛ちゃん


オーナー様いわく、撮影技術に難があるので、写真の公開判断はジジに任せる的なことをおっしゃっていましたが、ジジに任せたらとーぜん公開しちゃいますぉ。というか、ちゃんと綺麗に撮れてますし、

うちの子にしたくなるほど可愛いです


オリエント工業のサイト上で見る限り、凛ちゃんはもう少しキツめの顔だと思っていたのですが、たれ目がチャーミングなやさしい表情の子だったんですね。人間も同じなので当たり前かもですが、ドールの表情って見る角度でだいぶ違った印象を与えてくれます。それがまた楽しい。

最近のデジカメはコンパクトでも性能が良く、細かなところまで写し出しますし、特にオリエント工業のような顔の造形がしっかりしたラブドールは、蛍光灯の明かりが髪の毛にあたってできるちょっとした影程度で、陰影が深くなり、ともすれば暗い表情に見えてしまうことがあるんですよね。

じゃあその陰を消そうと、下からスポットライトをあてると、今度はカメラが「部屋が明るくなったやん!」と誤認識(※)して写真を全体的に暗くしてしまう上、後ろに体の影が立ち上ってホラーな写真に仕上がってしまいます。
※ISOと露出をAUTOに設定していた場合

ララドールの雛ちゃん(写真失敗例)
ララドールの雛ちゃん
※下からスポットライトを直接照射してしまった
スポットライトを間接照射した例

※ちょっとキラキラしすぎて嘘っぽい?




100円SHOPで売っている真っ白なスチレンボードやアルミ加工された車の日差し避け、あるいは自分で段ボールにくしゃくしゃにしたアルミ箔を貼り付ける等、いわゆる「レフ板」を使って、反射光を顔にあてて陰影を少なくすると表情が明るくなるそうですよ。

レフ板を持ったまま手動で撮影は難しいでしょうから、カメラは三脚に付けてタイマー撮影、自分はレフ板係に徹すると良いかと思います。ちなみに私はスポットライトに100円SHOPで買ったトレーシングペーパーを貼り付けて、ディフューザーとして使っています。

おっと、ラブドールの撮影についてはまた別の機会に詳しくやるとして、今回頂いた写真のおかげで
亀首がだいぶ改善されている
ことがわかったのが最重要かもです。こちらをご覧ください。

ララドールの凛ちゃんの綺麗な首筋
ララドールの凛ちゃんの首筋
※あぁ、この唇も魅力的・・・


どうですか、このスっと綺麗に伸びた首筋。うちの雛ちゃんはお迎えした直後から首がしわしわで、この首の長さの半分くらいしかありませんでしたから、これは大幅な改善と言っても良いのではないでしょうか?

ちなみに今は段ボールをムチウチ症のネックカラーみたいにして首に巻いて首を伸ばしております。だって、首が短いとかなりおデブちゃんに見えるんだもの。しかし、こんなに亀首が改善されているなら、買い替えてしまいたいほどですが、雛ヘッドは製造販売終了しちゃってるんですよねえ。悲しい。



ララドールの凛ちゃんの綺麗な首筋(横から)
ララドールの凛ちゃんの首筋(横から)
※ここには写っておりませんが、マニキュアも濃い目だそうです






あぁ、これはむしゃぶりつきたい



関連記事