ラブドールのお迎え準備

「ラブドール お迎え」で検索して当サイトへお越し頂く方が少なからずいらっしゃるようですので、お迎え準備的なコンテンツを用意しなきゃなぁと考えておりました。

ラブドールのお迎え準備といえば・・・フルシリコンならお肌のメンテナンス用にベビーパウダー(シッカロール)、色移り防止のために白系の長袖下着類、清掃用にエタノール水、補修用に信越シリコーンでしょうか。

ぬい系や綿詰めLOVEBODYなら殺菌消臭のファブリーズとメンテ用に針と糸でしょうか。

それともウィッグの絡み防止のために静電気防止加工のウィッグ専用ブラシ(金物ブラシ)やウィッグスプレー(シリコンオイルスプレー)や柔軟剤とかでしょうか。



いえいえ、いえいえ、それより前に準備しておかなければならないものがあると思うんです。それはズバリ、



ラブドールの隠し場所




中には家族にも周囲の知人にもラブドールのことをカミングアウトしているから堂々と表に出しておいても問題ないぜ!!というツワモノもいらっしゃるかも知れません。でも、たぶん、一般的にはラブドールは周囲に隠しておきたいものではないでしょうか。

仮に一人暮らしだったとしても、不意の来客で困らないためにも隠し場所の確保だけはしておいたほうが良いのではないでしょうか。

かくいう私は自分の持家があるため、本来なら誰はばかることなく、ラブドールを堂々と表に出しておきたいのです。それどころか贅沢なことに空き部屋がある(※)くらいなので、本心を言えばラブドール専用の部屋を用意したい!とワリと本気で考えているくらいです。しかしながら、のっぴきならない事情により、今は同居人がいるため、ラブドールを常時隠しておく必要があったりします。

※単に昔離婚したから結婚当時に買った家の寝室がむなしく空いているだけです\(^o^)/シニタイ
 あれ? なんか目から汗が。




えー、まずは定番の隠し場所、
ベッドの下
ラブドールの隠し場所


写真のとおり、ベッドの下に24cm程度の隙間があればバスト77cmまでのラブドールは入ります。たぶんちょっと楽天とかで「ベッド下24cm」で検索すればいくつか出てくると思います。脚付きマットレスなんかは脚の長さが22cmくらいのものが多いのですが、木脚アジャスター24cm~27cmを使ったり、単にレンガでゲタ履かせたり、工夫次第でベッド下の空間を広くするのは可能だと思います。

・・・がしかし、エロ本隠す定番もベッド下なわけですから、悪友が遊びにきた際に、ほんの出来心でベッド下チェ~ック!とかされたら
あらやだこんにちはとラブドールと目が合っちゃうかも知れませんよね。これはだいぶ気まずい。

だったら、もっとがっつり隠せるベッドにしようと思うわけで、私も実際そー思ったから、収納機能付きのベッドとか買ってみたんですが、毎回毎回マットレスをどけて、20kg超のラブドールを抱えて出すとか、苦行以外の何物でもありませんでした。ぬい系なら出し入れ自体は楽ですが、ベッド下なんて湿気の溜りまくる場所です。あっとゆーまに黒カビが生えそうで、ちょっとおすすめは出来ませんね。

さて、次に思いつくラブドールの隠し場所といえば

キーボードケース
ラブドールの隠し場所
リップロップTYPE-SO1(身長150cm)でも頭を外せば入りました


たぶん、屋外ロケ等でラブドールと外出するドーラーの持ち物としてはワリと一般的なのではないかと思います。キーボードケースと一口に言ってもソフトとハード、さらに色々なサイズがありますが、少なくとも76鍵以上のキーボードケースが良いでしょう。76鍵用のキーボードケースだと内寸でおよそ130cmくらいはあるはずです。実測136cmのジュエルも脚をほんのり曲げたらぴったり入りました。足を伸ばしたまま収納したいなら、頭を外せばオーケーです。

でも、鍵盤持ってない人がキーボードケースだけ持っていると、これまた悪友が「へー、キーボードなんて買ったんだ? ちょっと見せてよ」といって、
あらやだまた会ったわねとラブドールと目が合うことになりかねませんので注意が必要です。

ところで以前、これまたのっぴきならない事情で、ジュエル136(約23kg)を一時的に移動しなきゃならない事態が発生し、キーボードケースに入れて持ち運ぼうとしたことがあるのですが、肩にかついで数メートル歩いただけで諦め、ヤマト便を呼びました。私がだいぶ非力だというのもあるのですが、山賊担ぎやお姫様抱っこに比べると、片方の肩で23kgを支えるのはかなり辛いです。頻繁に移動させる必要のある方はキャスター付きのキーボードケースもあるので、そちらを購入されたほうが良いかも。

ちなみにララドール、旧キューティドール、キューティドール2010の計3体までなら76鍵キーボードケースに入りましたので、これを担いで電車に乗ったことならあります。

さて、では結局ジジはどこにラブドールを隠しているのかって話ですが、
特に面白みもなく、

クローゼットの中です。
ラブドールの隠し場所


でも、そのままクローゼットに収納しただけでは、友人が部屋に来ている際にちょっと上着を取ろうとクローゼットを開け、
んもぅ、ノックくらいしてよねとラブドールと友人がご対面してしまうかも知れません。

なので、多少(だいぶ?)違和感がありますが、

クローゼットの半分はカーテン。
ラブドールの隠し場所


でもってここからグロ注意ってゆーか、生首注意ですが・・・





半畳あれば等身大4体までイケル
ラブドールの隠し場所




でも
もう一体お迎えするんだけどどうしよう…

関連記事