リップロップTYPE-SO1と宇佐羽えあの頭部サイズ

リップロップの布製ラブドール、TYPE-SO1と宇佐羽えあの
頭部サイズの比較です。

すっかりネトゲ廃人になっているジジです。おはこんばんちわ。

レベル上げとトレハンがしたくて毎日ウズウズしている末期症状のため、かなりやっつけ記事になってしまっていることをご了承くださいまし。とはいえ、いっつも落書きみたいなものですから、大丈夫ですよね。ね。ね。
あぁ、レベル上げがしたくて手がふるえてきた・・・。

えー、実は最近知り合いになった宇佐羽えあのオーナーさまから、リップロップのTYPE-130CKをお迎えしたとのご連絡を頂きました。ぼくの記憶がたしかなら、この方、つい最近空気嫁デビューをされたばかりだったような・・・。それなのに、早くもリップロップへ走ってしまうあたり、かなり親近感を覚えます。

誤解のないよう、先に申し上げておきますが、宇佐羽えあは空気嫁としてのレベルは大変高いです。フルシリ持ってる人だって気になるくらいです。
えぇ、そこにいるジュエルと宇佐羽えあのボカロセットをお迎えしている勝ち組のあなたのことです(`・ω・´)

というか、フルシリ、ぬい系、空気嫁はそれぞれ別腹です。環境が許すならぜひ全部楽しんでみてください。

ちなみにTYPE-130CKのオーナーさまはロリじゃないそうです。背の小さい子が好きなだけなのだそうです。
あぁ、ぼくと同じですね。
LOVEBODY akiで空気嫁デビューして以来、キューティドール、バンビーノ、Erie、どーるわらし、ララドール、ジュエル136となぜか120cmサイズの服がぴったりな娘ばかりお迎えしてきましたが、たまたまですよね。たまたま。

あ、でも、ちょっとマジメな話、TYPE-SO1のおかげで150cmサイズに目覚めそうな兆しがあるのはたしかです。市販のコスプレ衣装でアニコスさせられるっていうのはアニメ好きにとっては大きなアドバンテージな気がします。

さてさて、いつもどおり話が脱線しましたので、TYPE-130CKと宇佐羽えあの話に戻します。オーナーさまから写真の掲載許可を頂いておりませんので、ひとまず文章だけで軽く書いておきますと、

・可動範囲はTYPE-SO1と同じくらい
・身長は実測125cmくらい
・小物入れはヴィーナスが入るくらい大きい
・胸の上部に生地の縫い目が浮いており手触りがちょっとアレ
・宇佐羽えあと比べると胴体の長さは同じで、足は長く、肩幅が若干広く、そして
 頭がデカイ。

とのことで、どうもTYPE-SO1をそのまま縮小した感じのようですね。しかし、ぼくの言うことは基本アテにならない上、今回は更に人づてということもありますので、気に留める程度にしてくださいましね。TYPE-130Rが手元に届きましたら、あらためてそちらのレビューを致す所存です。

あ、もし、リップロップの中の人が見ていたら、あんま気にしないでくださいね。待てと言われればいくらでも待ちますし、「このへんで妥協してください」的な話でも全く問題ありません。基本的にはラブドールに関する情報提供が目的ですが、ニッチなジャンルであるラブドールのメーカーさんを応援したくてお迎えするというのもあるのです。少なくともぼくのまわりのドーラー仲間さんはそういった気持ちでお迎えを決めている方が何人もおられます。

おっと、また脱線したので軌道修正。

今回TYPE-130CKをお迎えしたオーナーさまは当初、

TYPE-130CKの頭部に宇佐羽えあのマスクをかぶせたらどうか?

という、大変斬新なアイデアを胸に秘めておられ、事前にTYPE-SO1よりも頭部サイズが小さいことも確認済みだったようなのですが、残念ながら宇佐羽えあよりはかなり大きく、マスクをかぶせることは断念されたとのことです。実際、比較写真を見せて頂いたのですが、宇佐羽えあに比べるとひとまわり以上頭部が大きく見えました。うーん、TYPE-SO1、TYPE-130CK、宇佐羽えあの3体を一緒に並べて比較写真を撮ってみたいですね。


ちょっとぼくの家までTYPE-130CKを運んできてくれませんか?


という無茶を言うわけにもいきませんので、とりあえず、うちのTYPE-SO1と宇佐羽えあの頭部サイズを比較してみました。見た感じ、TYPE-SO1のほうがふたまわりほど大きいですかね~? となるとTYPE-130CKの頭部はこの中間くらいの大きさでしょうか。

TYPE-SO1と宇佐羽えあ


すっかりネトゲ廃人になっているジジですが、やっぱりラブドールをひっぱりだして撮影していると

思わず夢中になってしまう魅力がある


とあらためて認識しました。
関連記事