ララドールのお股はつるっつる

今回はララドール雛お股のお話。



あらやだ、恥ずかしい///
ララドールの雛
※最近出番が少ないので、少し可愛く撮ってみました。


ご存知の方も多いかと思いますが、オリエント工業のララドールは、購入時にホールポケットの有無が選べます。ラブドールをお迎えになるキッカケは人それぞれで、私の場合は順当に(?)アダルトグッズとして興味があったためですが、そんな私ですら、ラブドールを実際に抱くのは最初のうちだけで、あとは着せ替え人形として、あるいは抱き枕として、愛でている割合のほうが圧倒的に多くなりました。今もララドールを膝に抱えながらこの記事を書いています。癒されるワァ。

ちなみにジュエル136に至ってはほぼインテリアと化しており、定期的にクローゼットの外に出して飾っているのですが、やはりとんでもなく美しいので思わず目を奪われてしまい、ただ眺めているだけで気が付いたら数十分経っていた、なんてことも多々あります。

まぁ、そんな綺麗事を言いつつも、結局のところ、ジジはムラムラしたときのために(ぉぃ やっぱりホールポケットがあるタイプをお迎えしたんですけどね。うん、やっぱ自分に正直にならないと(●´ω`●)ゞ



うちのララドールのホールポケット
ララドールのホールポケット
※現行バージョンはホールキャップと緩衝材がない可能性があります




というか、ホールポケットなしを選ぶ人なんているのかな。使う使わないは別にして、とりあえずあったほうが良いって思うでしょー。



そんなふうに考えていた時期が私にもありました




最近ララドールをお迎えした方で、なんとホールポケットなしのタイプをお迎えされた方からメールを頂いたので、

え。マジで?! マジで?! ポケットなしって、
いったいお股はどんなんなっちゃってるの?!


と思わずグイグイ質問しちゃったのですが、快くお写真をお送り頂き、写真掲載の許可まで頂いちゃいました。しかも、うちと同じく同居人がいる環境のようで、この撮影もスニーキングミッションだったとか! ありがてぇありがてぇ・・・ドーラーさんってやさしい人多いですよね。感謝感激でございます。

さあ、こちらが衝撃のお写真です。



ララドールのホールポケットなしタイプ
ララドールのホールポケットなしタイプ
※しっかり中まで綿が詰まっており、単に入り口を縫い合わせたというレベルではない模様




見事なくらいつるっつるでござった



関連記事